タマスダレ

写真の白いお花は、昔住んでたお家の庭に咲いてたのを、おばあちゃまが引越しのたびに持ってきてた球根のお花なの。

おばあちゃまもママも名前を知らなくて「夏水仙」て呼んでたのよね。

先日、インスタグラムに載せたら友達から「これはタマスダレ?」ってコメントが入って、検索してみたら「タマスダレ」だったのよ!


うわぁ!タマスダレちゃんて名前だったのねー!


私が育ててる植物も短いサイクルで絶滅しているベランダで、このタマスダレちゃん、本当に強くて逆境にもめげず生き残っているのよね。


あー!

おばあちゃまとママに、タマスダレって名前だって教えたかったわぁー!


聞いてるー!

タマスダレって名前なのよー!

a0064865_13533917.jpg


[PR]

# by jarakoroko | 2017-09-19 13:49 | お花

EXOのレイさんを語らせてくれ!

a0064865_1436062.jpg


さいたまアリーナでやったEXOのイベントで、レイさんがどんなに素敵だったかって語りたい!
だって、顔が判別できないくらいの距離で12人の男が出てきて踊るわけだよ。
誰が誰だかよくわかんない中、レイさんだけわかるの。
愛の力?
違うと思う。

レイさんは明らかに踊る姿がカッコいいんだよ!
腕を振りおろしただけでカッコいいの。
他の人たちもカッコ良かったよ。
それぞれ見分けられてきたら、みんなカッコ良かった。
でも、レイさんは、レイさんだかなんだかわかんない瞬間からカッコいいのよ!
腕を曲げるだけでカッコいいの。
肩を動かすだけでカッコいいの。
だから、見失ったりしないの!

ダンスがない曲の時のレイさんは、かわいこぶった妙ちくりんな動きで、やっぱりすぐレイさんだってわかるの。
愛の力じゃなくて、妙な動きをしてる人に目がいっちゃって、それがレイさんなの。
だから、目が離せないの。
レイさんばっかり見ちゃうの。
歩きかたも妙なの。
ステージ上を歩いてる時のレイさんは、とにかく丁寧に丁寧に客席に手を振ってるの。
漠然とじゃなくて、多分、アイコンタクトしながら手を振ってるって感じ。
挨拶するときは90度越えるくらい深く、歩きながら挨拶するときは腰が低いおっさんみたいなの。

レイさん、元々よくしゃべる人なのかはわからないけど、一生懸命しゃべろうとしてたっぽい。
銀河からきたうんぬんかんぬん、とか、日本語で言おう!って練習してきたんだろうなぁ。
さりげなくサービス精神旺盛で、アイドルであることを楽しんでいるような感じ。
とにかく愛らしい人だったよ。
本当にレイさんが1番カッコ良くて、1番可愛かった。
え?私のひいき目なの?
ごめんなさい、チェンチェンは歌うまで気づかなかった。←いや、それはウソ。

次の日に行ったお姉ちゃんは、
「ようこ(姉の名前)は完全にシウミンだった!シウミン見て泣いちゃった!」だそうで、
レイさんは?と聞いたら、
「最初、レイくんしかわからなかった。とにかくレイくんがカッコ良くてレイくんしか判別できなかった」
「だけど途中からシウミンだったのー!」
だそうです。

実は、私、うっかりベッキョン好きになりそうだった。
歌うまかったよー!
チェンくんも良かったよ。
でも、ベッキョンのステージ映えする歌のうまさは、ちょっとビックリだった。
ライヴに強いのかな?

エクソくんたちの印象は、思ってたより大人っぽかったし、男っぽかった。
可愛いのは愛嬌満点のレイさんくらいで、他の人たちは、近くにきたら息止めちゃうかもしれないくらい男だった。
そんなに近くで見たわけじゃないのに生々しかった。
デビュー時の人造人間みたいな感じじゃなかったよ。

つまんないコーナー(それなりに楽しかったけど)は短めで、9曲もやってくれたから大満足。
友達が良い席当ててくれたから、真っ正面でフォーメーションがバッチリ見えました。
とはいえ、ふたつのお目々はレイさんばっかり見てたけど。

コンサートが楽しみだなぁ。
でもチケット取れなさそうだよ。
[PR]

# by jarakoroko | 2014-04-26 14:30 | 音楽

マーティーとEXO騒動

ちょっと面白いことがあったので報告。

昨晩、マーティー・フリードマンと一青窈が司会をしているNHKBS1の番組で、今大人気のEXOが紹介された。
各国で売れに売れてる韓国のアイドルグループEXOであるが、日本のテレビで紹介されることはあまりない。
だから、EXOファンの皆様はすんごーく期待してたみたいなんだよね。
でも放送では、「ウルフ」のPV流しながら、韓国のタレント(H.O.Tのムン・ヒジュンさん)が簡単な紹介をして、司会の2人が感想を言っただけの軽い扱い。

まぁ、それがガッカリだったってのもあるんだろうけど、放送直後ツイッターを見てたら、マーティーがEXOを「こいつら」呼ばわりした!ってファンの皆さんが怒ってたの。
表現はそれぞれだけど、
「世界で大活躍しているEXOをこいつら呼ばわりするなんて、このクルクルパーマのおっさん、何様?」
ってな反応だったのだ。

もちろん、ツイッター上では、
「EXOファンってマーティーのこと知らないんだ⁈」
「デビューして1年くらいの新人が、マーティー・フリードマンからこいつらって言われても構わないでしょ」
「マーティー・フリードマンは世界的に有名なギタリストなんですよー」
ってコメントもたくさんありました。

まぁ、世代的にもジャンル的にも、EXOのファンたちがマーティー・フリードマンを知らないのは仕方ないんだけど、
あららって思うのは、マーティーはEXOに対して好意的なコメントをしてるんだよね。

前奏部分で「ワオ!カッコいい、これ」って言ってる時点で、あ、好きなんだなって思った。
そして、ダンスパフォーマンスについて、
「KPOPはみんながマネできるような振り付けがあるのに、こいつらのは無理じゃないですか」
それから、一青窈さんがシルクドソレイユみたい、振付師の力が凄いと言って、
「素晴らしい。舌を巻いた」
ってマーティーが言ったんだよね。

私は番組観てて単純に嬉しかったし、ロックファンでEXOファンの人たちは、
「EXOがマーティーに評価されてる!」って大興奮で大喜びだったのだ。

でも、EXOファンたちは「こいつら」呼ばわりが許せなかったらしい。
それで、ツイッター上で大騒ぎ。
観てなかったファンまで「許せない」と大騒ぎ。
あのおっさん誰だよ!と大騒ぎ。
ごめん、読んでてちょっと面白くなっちゃった。

まぁ、こいつらじゃなくて、こちらの方々とか言えば良かったのかもしれない。
でも、マーティーが誰かって問題ではなく、それが近所のおっさんだったとしても、言葉遣いが悪かったとしても、その言葉に込められた好意は感じとれるはずなのに。
喜んでいいところなのに怒ってるなんてもったいない。

ただ、これが今の世の中なのかなぁ?ってしみじみ感じた。
本質的なことより、あげ足をとることばかりに夢中になってる。
幸せや喜びよりも、怒りの種を探している。
「かわいいぜ!畜生!」が悪口になる。

そう言えば、以前、マーティーが東方神起のことをコラムに書いたら、それを見た外国人の東方神起ファンが、
「あのマーティー・フリードマンが東方神起を褒めてる!東方神起ってやっぱり凄い!」
って喜んでた。
別に、マーティーが褒めたからって凄いわけじゃないけど、好きなアーティストが褒められてたら単純に嬉しいもんだよね。

多分、EXOのメンバーは、マーティー・フリードマンが日本のテレビ番組で自分たちに好意的なコメントしたって知ったら大喜びすると思う。
世界的に有名な大先輩にこいつら呼ばわりされても気にしないと思う。
(かえって嬉しいと思う、親しげで)
だのに、なぜ、ファンは、
いやいや、いっか。

EXOくんたちに、変な風に伝わりませんように。

ま、こんなことがありました。
[PR]

# by jarakoroko | 2014-03-29 13:53

やっぱりシャイニーだ!

a0064865_19562320.jpg


ご無沙汰しております。
ひさしぶりにブログにやってまいりました。

えっと、シャイニーです。

私にとって、2012年はシャイニーの年だったのですが、
2013年はもっとシャイニーの年になる予定でした。
しかし、その、えーっと、EXOくんたちのあの勢いに私も押されてしまいまして、
2013年はEXOの年になってしまいました。

EXOの大活躍と大人気はすごかったですよね。
親しみわかねぇ人造人間たちだと思ってたのに、私もすっかりハマりましたよ。

いや、しかし、シャイニーですよ。
2013年に出したアルバムがとにかく良かった。
韓国では「The misconceptions of you」「The misconceptions of me」をリリースし、
日本では「BOYS MEET U」をリリースしました。
私個人的には、この10年くらいの間に聴いたアルバムの中でベスト5に入る勢いです。

これをどう説明していいかわからないけど、韓国盤と日本盤のコンセプトの違いがはっきり出ていて、
それが両方ともシャイニーならではのカラーが出ていて、シャイニー以外こんなアルバムは作れないだろうなって思えるんですよ。

ポップでカラフルなコーラスワークが印象的な「Dream Girl」が収録された「~you」は、
ファンキーなハードポップナンバー目白押し。
5人ともいろんなヴォーカルテクニックを使っていて、オニュとジョンヒョンの歌のうまさはすんなり納得する。
ラウドなタテノリ系でおちゃめな「Why So Serious?」が収録されてる「~me」のほうは、
少しマニアックな曲調で、アイドルにしては挑戦的な気がする。

この韓国のアルバムを聴いて、「ああ、シャイニーはアイドルから脱却したいんだな」って思った。
耳馴染みのよいポップソングではなく、ハードロックやパンクロックの域まではいかないアグレッシヴさで攻めてくるのは、さすがだなって思う。
ただ、それでも、アイドルとしてのぎりぎりの線を保っているのは凄いなって思う。

そして日本盤のアルバム。
「BOYS MEET U」ってタイトルからして、なんともアイドルっぽい。
アルバムジャケットのかわいらしさ、PVのかわいらしさ、このシャイニーならではのかわいらしさ。
なんなんですか?
リリース前後に各種女性雑誌に載った記事もおしゃれでかわいくて爽やか。
はぁ、やっぱり日本ではいい子ちゃん、かわいこちゃん、路線でいくのね。
テミンにウソ臭い作り笑いさせて売るつもりなのね。

しかし、このアルバム、なかなか骨のある内容だった。
音作りはいくぶんシンプルになってて、曲も(作ってるのは北欧人かもしれんが)日本っぽい。
韓国の曲の日本語バージョンもあるけど、だいたいが日本向けの楽曲で歌が前面に聞こえる感じ。
ちゃんと、5人のヴォーカルの良さが出てる。
当たり前だけど、たんに日本語の曲を出しましたって感じじゃない。
オニュとジョンヒョンの日本語のりのよい声はなんなんだろう?
幅と深みのある声はとっても日本語にしっくりいくような気がする。

韓国と日本の全く違うタイプのアルバム、これらを聴いて、やっぱりシャイニーは凄いなって思った。
確かに2013年の後半はEXOに夢中になっちゃいましたよ。
でも年末の音楽番組のライヴステージを見てたら、シャイニーは貫録があったな。
かわいいアイドルとして活動しながらも、いろんなイベントで生でガンガン歌ってきたわけだし、
日本でも2年続けてコンサートツアーをしてきて、実力も度胸もついてきたんだろうな。

あと、シャイニーに望むことは、コンサート生バンドでやって、コーラスも生で歌って欲しいです。
そして、別に一番じゃなくてもいいと思う。
シャイニーらしい音楽をやっていって、世界にどんどん出ていって欲しいです。

とにかく、シャイニーはカッコいい。
カッコいい音楽をやってるグループだぁ。
[PR]

# by jarakoroko | 2014-02-26 19:58 | 音楽

そりゃないぜ、ベイベー

いつもいつも考えてるわけじゃないけど、ひっくり返すと糸が繋がってたかのように、ぐわんと思い出しては、
「そりゃないぜ!」
って、ひとり呟いたりする。

先日も東方神起のライヴを見ながら、生前の彼女の言葉が何度も浮かんできた。
前回、さいたまアリーナは仲良しの友達と一緒だったので、ちょっとばかり気が紛れてた。
でも、ユノとチャンミンを見ながら、度々思考が飛んでってた。

そりゃないぜ!
死んじゃうなんてさ。

メールをすればすぐ返事をくれて、どっか行きたいと言えば、いつも時間を作って付き合ってくれた。
わからない事を教えてくれたり、わざわざ調べてきてくれたり。
映画観たいと言うのは私だけど、場所や時間を調べて、待ち合わせも決めてくれるのは彼女。
いろんな事を御膳立てしてくれた。

ああ、マカロニサラダを作っても、もう遊びにきてはくれないのだ。
誰に披露するわけでもない「ボレロ」と「Love in the Ice」の練習にも、もう付き合ってくれないのだ。
観に行く映画もいろいろあるし、聴かせたいCDもあるのに。

ホントに!
そりゃないぜ!

仲良かった友達でも疎遠になることはある。
遠くに引っ越してしまう友達もいる。
なんとなく気があわなくなって、距離を置いてしまうこともある。
でも、生きてれば、また関わっていくことがあるかもしれないのに。

毎日毎日、ちょっとしたことで思い出しては、
「そりゃないぜ!」
ってつぶやく。
いちいち泣いたりはしない。
泣いたりはしないけど、泣けてくるよ。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-21 01:05

愛しの関ジャニくん(イメージです)

a0064865_17442572.jpg

最近、お姉ちゃんはすっかりTEENTOPのファンになってしまい、コンサートにも行ってきた。
SHINeeよりもTEENTOPが好きなんだと。
「ドラムの音がいい」とお姉ちゃんは言う。
おいおい、そこかい!

だいたい、最初にTEENTOPを気に入ってたのは私のほうで、お姉ちゃんはちょっとバカにしてたのよ。
だけど、ある日お姉ちゃんは踊るサカナくん(ニエル)にハマってしまったんだよね。

私はサカナくんの声が気になって気になって、いつか好きになってしまうかもしれないとココにも書いたが、まぁ、恋に落ちるほどではなかった。

その代わりと言っちゃなんだが、お気に入りの子がいるのだよ。

我が家での呼び名は「関ジャニくん」(名前はリッキーです)

たまたまケーブルテレビでゆる〜いアイドルバラエティー番組を見てたら、それにTEENTOPが出てた。
そこに、ちっちゃくてイモっぽい(失礼)男の子がいた。
ガキのくせに気どったいけすかない雰囲気があるTEENTOPに、こんな子がいたのかー。
なんとなく日本のアイドルっぽいなぁ。

「こいつ!関ジャニのメンバーみたい」
と言ったら、
「関ジャニって知ってるの?」
とお姉ちゃんが冷静に返す。

知ってるよ。
シャイニーくんが出演したHEY!HEY!HEY!に関ジャニも出てたよ。
それに、私の好きなお日様のような笑顔の錦戸亮くんがいるグループだよ。

そういえば、韓国の作り込まれたアイドルばかり見ていたら、日本のゆるい感じのアイドルが恋しくなってくるのよね。
たまにテレビで見るジャニーズやAKBが、ほんわかと可愛く見えるんだよね。
やっぱりニッポン人なんだなぁ、私。

今まで音楽番組でTEENTOPは見てたけど、メンバーはサカナくんとメインヴォーカルの小顔くんしかわからなかった。
どの子だ?どの子だ?関ジャニくんは。

一度目にとまると、関ジャニくんから目が離せない!
小さい体のをめーいっぱい使って踊る感じが可愛らしい。
「ニエルカッコいいー!」と騒いでたお姉ちゃんまで、
「ほらほら!関ジャニくん、頑張ってるよ!」
といちいち言うもんだから、いちいち手を止めて見てしまう。

なんとなく、Tコンのユチョンを応援してるような気分。

韓国の歌番組を見始めた頃は、うんざりするようなアイドルグループばかりだったけど、だんだんとお気に入りもできてくるものだなぁ。

そして、韓国だからとか日本だからとか、アメリカとかではなく、TEENTOPのドラム音を聴いてると、音楽好きで良かったなぁって思ったりする。

先日、本当の関ジャニ∞をテレビで観たけど、どの子と似てると思ったのかわからないわ。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-20 17:44

体の中のメロディー

a0064865_1305062.jpg

虫のように動くシャイニーのテミンくんに夢中になってる毎日ですが、正直、今までダンスに興味がなかったので見る目がないのだわ。
プロフェッショナルなダンサーのパフォーマンスを見ればまた違うのだろうけど、日本や韓国の芸能界でダンスがうまいらしい人たちを見ても、感動するまではなかなかいかないの。

たまたまテミンくんはダンスがうまい人だったけど、私がシャーロックでハマってしまったとき、彼のダンスがうまいかどうかなんてわからなかった。
とにかく、とにかく、カッコよくてビックリしちゃったんだわ。
歌がうまい人にしか興味がなかったワタシなのに、寝ても覚めてもテミンになってしまった。

テミンくんは、歌に関してはメキメキ実力をつけてはいるが、まだ発展途上な感じ。
でも、私がテミンくんを好きなのは、彼の中にメロディーを感じられるからだと思う。
音楽が仕事なんだから当たり前っていえば当たり前なんだけど。

無意識に区別してしまう私の中の基準が、体の中にメロディーがある人とない人なのかもしれないなと思う。

そこで、ジェジュンさん。
ジェジュンさんはダンスうまくないらしい。
ステージのジェジュンはとってもカッコいいから、ダンスがうまいかヘタかなんて全く気にしてなかった。
ユノペンのお姉ちゃんがユノを見ながらいかにユノのダンスがいいか解説するのを聞いてると、なるほど、ジェジュンには当てはまってないかもって思う。
でも、私にとって大切なのはそこではない。
リズム感とともに、体からメロディーが感じられることが大切なのだ。

ジェジュンは歌手の動きをするのだ。

テミンくんも歌手であって欲しいと思う。
もしかしたら、彼自身は歌よりダンスなのかもしれないけど、せっかくだから、体の中のメロディーを消さないでいて欲しいわ。

欲しくても手に入らない人はたくさんいるし、それが欠けていることに気づかない人もたくさんいるんだから。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-15 13:00

ドレスコードはロック(だそうで…) 番外編

★決して真似してはいけません

a0064865_1425420.jpg
a0064865_1423771.jpg

↑ パット・ベネターは最高のロックシンガーです。
とてもカッコいい人です。
だけど、そういう時代とはいえ衣装がひどすぎます。
レオタードの上にジャケットってのが、私が今まで見たなかで最悪のロックファッションです。


a0064865_1453235.jpg
a0064865_1451978.jpg

↑ ニナ・ハーゲンの真似をする人はいないと思うけど、その勇気があったらそれはそれでカッコいいです。
(NCISの女の子に似てるなぁ)


とにかく、無理せずコンサートを楽しみましょう。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 14:10 | 音楽

ドレスコードはロック(だそうで…) その6

★お色気系

a0064865_5371121.jpg
a0064865_5364463.jpg

↑ 意外と最近の人なのに、こういう格好すると80年代の匂いがプンプンするシャキーラちゃん。
タンクトップからブラジャーは見えていいらしいです。
ロックTシャツにホットパンツに編みタイツ、これはハードルが高いし、世間の人に嫌がられるかもしれないので、ホットパンツはやめて長いおズボンにしときましょう。
ロックTシャツはラモーンズやキッスは最近の若い子でも着てそうだから、やっぱりオジーあたりがいいのかな?
モトリークルーだとホントにビッチ系だったと思われちゃうし、アイアン・メイデンだと色気なさすぎ。
ブラックサバスだとちょっと「いやいや、お色気はもういいでしょ」って感じになるかしら。
リストバンドも雰囲気だすのに便利よ。


★ラウド系

a0064865_5502499.jpg

a0064865_550367.jpg

↑ アーチ・エネミーのアンジェラ姐さん。
タンクトップからブラジャーは見えていいのね。
ポイントはチェーンですかね。
主張が強いパンツをはけば、あとはシンプルでもいいかも。
裂け裂けおズボンはジェジュンもはいてたよね。



えーっと、参考になりましたでしょうか。
まぁ、ジェジュンが言ってるロックってのは、こんなんじゃないとは思いますが…。
皆さん、チケットが無事に手に入って、楽しいコンサートになるといいね。
ファイティーン!
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 06:02 | 音楽

ドレスコードはロック(だそうで…) その5

★ディーヴァ系

a0064865_5155185.jpg
a0064865_5152772.jpg

↑ 大迫力のティナ・ターナーは、もう何を着てもいいのかもしれない。
ミニのドレスでも、お仕事帰りのママさんでも、ライオンヘアーならロックだー!
ピンヒールで踊れるシンガーと言われていたので、ピンヒールは大切。

a0064865_5203459.jpg
a0064865_5201481.jpg

↑ アン・レノックスのブラジャー姿はスザンヌ・ベガを感動させたらしいです。
しかし、下着姿はダメですよ。
短い髪をクシャクシャと動きをつけていてカッコいいですね。
赤い手袋も効いてていい感じです。
貫禄で乗り切りましょう。

つづく
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 05:34 | 音楽