収穫

a0064865_2247998.jpg

金曜日はすみだトリフォニーに「ヤング@ハート」の公演を見に行ってきました。
映画でも思ったんだけど、指導している人がちょっとシュールなロッカーで、選曲も地味な感じでした。

しかし、おじいちゃん、おばあちゃんたちの歌はすごかった。
なんていうか、枠にとらわれない感じがするんだよね。
日本語の曲は想像以上に良かった!

先週の日曜日は介護施設でお年寄りの前で歌い、金曜日はお年寄りの歌を聴いて、ちょっと元気が出たわ。

介護施設のミニライブでは、聴いてくれてる母や他のお年寄りのことでも感じるものがあったけど、それよりも歌ったメンバーに感動してしまったよ。

歌の出来も良かったし、終わった後の高揚した感じに、みんなの純粋さを感じました。

後日、参加したメンバーから、
「母の面影に似た人がいた。」
「自分の母に歌ってるような気持ちになった。」
などなどメールをもらいました。
あの時、あそこにいたのは、私の母や見ず知らずのお年寄りだったのだけど、みんなの母を(父も)思う気持ちが集まってあの空間を作ったんだなぁ。

「こういうことするのが歌う意味だと思う。」
とSポンもまともな事言っちゃってました。
いや、もともと彼は純粋な人だけどね。

月曜から木曜まで地獄の更新作業だったけど、いい一週間でした。

土曜日は検診の結果を聞きに、海側に引っ越した病院まで。
マリナーゼが住む地域は、全然違う町のようです。

遠くから見て「土手がある!」と思ったら、きれいに芝刈りされた大学キャンパス(内)だった。
刈られたばっかりみたいだったけど、ひょろひょろ生えるつくしを発見。
ちょっと時期が遅かったみたいでカサカサに開いちゃったのばかり。

いくつか摘んで、次は歯医者。
歯医者はウチから5分くらいのところ。
診察が終わって、すっかり暗くなった外に出たら、なぜかスポットライトに照らされたようにつくしが見えた。

ゲゲーっ!
歯医者隣の駐車場にたくさん生えてる!
遊歩道にも!
えー?毎年生えてたのかなぁ?
気がつかなかった!

わんちゃんの散歩道になっているが、衛生的にどうなんだろう?と考えながらも、次々と摘んでいく。

そう言えば、
「つくしを摘んで食べるなんてかわいそう。」
と言われたことがある。
そんなこと、思ったことなかったわ。
確かに、ベランダのパセリくんや三つ葉くんみたいに、食用に育てられてるわけじゃなく、今まで自由に生きてきたわけだからね。
かわいそうと言えばかわいそうかもしれない。
でも、ワタクシ冷たいのかしらん。
そんな憐れみの気持ちなんてつくしにはちっとも持たなかったわ。

浄水器の水じゃなくて、水道水で洗った方がいいって聞いたわ。
お姉ちゃんが卵食べれないので、そのまま、ダシと醤油と砂糖で煮ました。
昔、おばあちゃまが作ってくれてた方法。

なかなかいい感じ。




  *-*-*-*-*-*-*
☆第11回ゴスペル東京チャリティーコンサート♪
6月12日開催決定!
http://gtcc.web.fc2.com/
  *-*-*-*-*-*-*
[PR]

by jarakoroko | 2010-03-22 22:47 | ゴスペル関係