その美しい思い出にあなたはいない

a0064865_2147663.jpg


ちょっと前の話だけど、チャンミンが来日してたらしい。
何の仕事かなぁ?
また雑誌のグアビア撮影かなぁ?

お歌のお仕事じゃないのかなぁ?
最近、私のまわりではチャンミンのお歌が聴きたいあまりに、
誘拐騒動がおきるんじゃないかくらいの勢い。

無理よ、無理よ!
あんなドでかいヤツ無理よ。

その日、もう11時過ぎたころお姉ちゃんが帰ってきた。
「チャンミン来日ってなによ!なんで来てるの?」
「知らない。」
そんな、ワタクシ、チャンミンのスケジュールなんてわかりませんわよ。
とにかくお姉ちゃんがチャンミン誘拐してなくてよかったわ。

お姉ちゃんは、居間に広げた東方神起のジグゾーパズルをちょこちょこいじりながら、
「ユノが心配だなぁ。」
とつぶやく。
「アメリカの小説とか読んでると、真面目なキリスト教徒が真面目すぎて猟奇的な犯罪を犯すって話が多いじゃん。」

はぁ、ユノは大丈夫じゃない?

姉「まぁ、洋服たたまないようなヤツだから大丈夫かな。」

じゃ、私も大丈夫だ。

姉「ユノのお父さんの手紙(手記?)には、ユノが命より大切にしてる東方神起って表現されてて、チャンミンのお父さんのには、東方神起はチャンミンの夢のすべてと表現されてたんだよね。それって、本当にそうなんだろうなぁと思った。」

そうね、ユノは東方神起を全力で作り上げ、チャンミンは必死でその夢についてきたんだろうなぁ。
そして、3人は出ていってしまった。

でもさ、東方神起なんて、これからの長い人生の中のたった5、6年じゃない。ユノにも、他のメンバーにもこれからの芸能生活のほうが長いんだから、これからそれぞれの道で頑張ってもらわないと。

姉「ユノが心配だなぁ。」
妹「私はジェジュンのほうが心配だけど・・・」

ジェジュンが今、何を考えてるのかはわからない。
でも、この人はきっと責任を背負い込み矢面に立とうとしてしまう人だと思う。
強くあらねばならないと自分を追い込み、内側から崩れていくような人に見える。
いい人だし・・。
(お会いしたことないけど)

姉「うん、ジェジュンはいい人だと思う。」
(姉もお会いしたことはないけど)

芸能人って知らない間に結構ひどい目にあってるけど、どうにか立ち直って頑張ってるじゃん。
ピンクレディーのミーちゃんだって、あんなに売れてたのに気が付いたら全くお金は残ってなくて、その後、騙されて借金おわされたりしてんだよね。
でも、芸能界で頑張ってるんだよ。
ピンクレディーは素晴らしい活躍をしたけど、彼女の人生の中のほんの数年なんだよ。
いろいろあっても、それ以降の人生を頑張って生きているんだよ!

チェッカーズだってそうじゃん!

姉「不仲でお葬式に参列できなかったり、暴露本出したりとかね。」

あ、そうだった…。

姉「あー、東方神起の数年はあまりにも美しすぎるんだわ。」

いや、チェッカーズだってファンにとっては美しかったと思うわよ。

姉「暴露本とか出さないで欲しいわ。美しい思い出のままでいて欲しい。」

うん、そうね。

姉「ああ、私の美しい思い出の5年間!」

ちょっと待った!

妹「言っておくけど、その美しい5年間にあなたはいないから!」

私たち、その5年間が過ぎてからファンになったのよ!
その5年間、私たちは東方神起なんぞに見向きもしなかったのよ!

姉「そうでした。」
[PR]

by jarakoroko | 2010-10-21 21:49 | 音楽