嫌いにならなくてよかった

a0064865_15532075.jpg


何から書いていいかわからないけど、昨日の東方神起のコンサートはすごく良かったんだ!
時間間違えてて遅刻しちゃったもんだから、1時間くらい見損なってるんだけど、そんなこと忘れちゃうくらい良かったし、清々しい気分でさいたまアリーナをあとにしたよ。

1月に観た初日の横浜アリーナとは大違い。
横浜の後は、コンサートの感想を言ったり書いたりするのが難しかった。

正直、横浜アリーナはガッカリだったのよ。
ユノとチャンミンのことは大好きだから、こんなこと思いたくないけど、打ち消しても打ち消しても、
「やっぱり2人じゃダメなのかな」
って気持ちがわきあがってきちゃうし、
「所詮、アイドルのコンサートなんてこんなもんなのかも」
って気持ちも消せなかった。
「これは、私が見るようなコンサートだったんだろうか」
とも何度も思った。
普段、ネットなどで東方神起の一部偏狂的なファンの発言を読んでいて、
「アイドルを好きになる人とは世界が違うのかもしれない」
と感じていた私は、この感覚をどう受け止めていいのかわからなかった。

好きになった音楽には垣根はないと思ってたことは、きれいごとだったんだろうか。

ツアー初日だったから、これから2人の調子もあがってくるだろうし、いろいろと改善されるに違いない。
そう、自分に言い聞かせていた。

17日の土曜日、さいたまアリーナ公演を観に行ったお姉ちゃんが、大興奮で帰ってきた。
「チャンミンがすごくカッコよかった。」
「2人とも歌がうまくなってた。」
「曲順や演出もすこしかわってたし、横浜の時はバンドでやってなかった曲もちゃんと演奏してたような気がする。」
「横浜はノリきれなかったけど、今日は楽しくって歌っちゃったもん!」

そうなんだ!
そうなんだ!
やってくれたか!ユノ!チャンミン!
私は居間でペンライト振る練習を始めたわ!

そして、昨日。
もー、お姉ちゃんも私も、別の席のやまやんも6時開演と思い込んでて、すっかり遅刻。
もー、ショックでショックで、頭の中がパニック!
現実が認められないのよ。

会場の扉を開けて、赤いペンライトの海を観て、
「あ、ホントに遅刻したんだわ…」
って思ったのと同時に、
「音がいい」
ってすぐに感じた。
ちょうど「Duet」という曲を歌ってたんだけど、チャンミンの声がかなりいい感じに出てる。

案内の人が席を探してくれたけど、なかなか見つからなくて、席についても動揺して集中できなかった。
次の曲が始まってたけど何の曲かもわからないくらい。
急に「I don't know」のギターの音がガツーンときた。
この曲は新しいアルバムの中でもかなりヘヴィーでお気に入りの曲。
横浜のときは「え?カラオケ?」って思うような音だった。
実際、バンドで演奏してたのかどうかわからなかった。
(たんに音響が悪くてバンドの音もチャチかったのかも)

もう、細かいことは覚えてないけど、なんの心配もなく心から楽しんだよ。
席は横浜の時より遠くて、実物は小指の先くらいだったけど、見えなくても本当に楽しめるステージだった。

歌なんて急にうまくなるもんじゃない。
ユノとチャンミンが躍進的にうまくなったわけじゃない。
ヘタだなって思うところはたくさんあった。
でも、歌はうまけりゃいいってもんじゃなく、聴かせる何かがあるかってことなのよね。
もちろん、へたっぴはダメだけどね。
2人とも何年もプロの歌手としてやってるんだから、基本的には歌える人たちなのよね。
それが活かされてなかったのかも。

それは、もしかしたら心構えの違いなのかもしれない。

ユノはいつでも全力投球のエンターテイナー。
横浜でも救いはユノのステージ映えするカッコ良さだった。
チャンミンは「何年芸能人やってんだよ!」ってくらい、なんていうか、シャイというかダサいというか、オーラがないというか、思い切りが悪いというか……。
やわらかいハモりと衝撃的な高音、そして、その神がかり的にカッコいいルックスは宝の持ち腐れか!

でも、今回、チャンミンが本当にカッコよかった。
何がどうってひとつひとつは思い出せないけど、声はよく出てたし、動きも良かったし、表情も生き生きしていた。
MCでもよくしゃべってたし、自分に求められてることを把握していた。
2人で3時間のステージをやっていかなきゃいけないって自覚ができたのかしら。
それと、2人でやれるという自信が持てたのかもしれない。

前回、ガッカリだったオープニングや、変な「呪文」や「マキシマム」はどんなだったのかは見損ねたけど、とにかく、終わって本当に気分が良かった。

ライヴ後、同じく時間を間違えてたやまやんとお姉ちゃんと寿司屋でご飯食べながら、衝撃的なミステイクを笑い飛ばせるくらい上機嫌だったわ。

「横浜のままだったら嫌いになってたかもしれない」
とやまやんが言ってた。
私も同じ気持ちだったよ。
嫌いにならなくてよかったね!

ホント、東方神起はやってくれるね!
これからもこれからも期待してるよー!
[PR]

by jarakoroko | 2012-03-19 15:53 | 音楽