メッセージありがとうございました

a0064865_1485886.jpg

パパの最後の写真に、メッセージを寄せていただいて、本当にありがとうございました。
あの後、バタバタと忙しい中、携帯から皆様のメッセージやメールを読んで、ホッと一息ついていました。

4年ほど前、急にパパは元気がなくなって、認知症の兆しが見え、体重が激減し、直腸ガンが見つかり手術をしました。
パパはそんなに素敵な人ではなかったし、私も優しい娘だったわけではありません。
どちらかというと、古くて頑固な九州男児のパパに反感を持っていました。
でも、弱っていくパパと献身的なママを見ていて、私はなんの迷いもためらいもなく、自分の役割にスッと入っていきました。
今まで威圧的に自分にのしかかっていた父親という存在が、急に、自分が守らなければいけない存在になっていたのです。
パパの不調に合わせて、私は耳が聞こえなくなり、仕事をつづけられなくなりました。
しばらくして耳はよくなったのですが、そのまま仕事を辞めて、私は家にいる生活をはじめました。

頑固なボケボケ老人のパパとの生活はとても大変だったけど、とても幸せな時間でもありました。
私はそんなに優しい娘でもなければ、孝行娘でもないのよ。
ただ、こうやって、父親の最後の何年かを一緒に過ごせるチャンスがあったって事だと思うのです。
そうしたくても、できない人はたくさんいるんだもの。
私はラッキーだと思います。
そして、長い人生の間には辛いことはたくさんあったと思うけど、
この何年間はパパも幸せだったと思うんだ。
もう、こちらの世界での仕事は終わっちゃったのよね。

だから、悲しくないわけではないけど、そんなに落胆してるわけではないのですよ。
あとは、ママが元気になってくれれば安心なんだけど・・・。
ママはこれから独身生活をエンジョイして欲しいわ。

ではでは、皆様、本当にメッセージをありがとう。
ご両親が健在な方は、ぜひぜひ、できる範囲で親孝行してくださいな。
[PR]

by jarakoroko | 2006-11-23 02:33 | 日々のこと