IN THE SANCTUARY

a0064865_21443965.jpg

ゴスペルコンサートが終わって、すっかり燃え尽きちゃいました。
3日たっても体が痛い。
(トシじゃ、トシじゃ)

今回、歌わせていただいた「IN THE SANCTUARY」のソロは、がむしゃらにぼらちゃんについていった昨年の「FRIEND OF GOD」とは違った意味で、大変な道程でございました。
最初は「ワタクシと一緒に歌えば楽しくなるに決まってるわ!オーッホ、ホホホッ…!」くらいに思ってたのだけど、アッと言う間に、この根拠のない自信はドボドボと沼の底に沈んでいくのでありました。
あー、私って、とんだ自惚れ屋さんだわ。

声が出ない、音がとれない、タイミングが悪い、今まで泉のように湧いて出ていたイマジネーションが、カツーンと枯れてしまった感じ。
毎日毎日、練習して、イケるかなぁ?って思っても、レッスンでみんなの前で歌うと、緊張して喉がしまっちゃう。
寝ても覚めてもサンクチュアリー〜。
ノイローゼになりそー!
きっと、私の行いが悪かったせいだわ。
ホントに歌える気がしなくなってて、何度やめさせて貰おうと思ったか!

でも、どうにか頑張れたのは、励まして下さった方々のお陰です。
それと、何と言っても、ソロ仲間の3人が、忍耐強かったってのもあります。
ありがとうございます。

この期間、いろいろ考えさせられる事がありました。
音楽に向き合う事は、自分に向き合う事でもありますなぁ。
かけていただいた言葉からも、人生を感じましたわ。

本番はあまり覚えてないんだけど、楽しかったわ。
クワイヤーの皆さんのパワーがガンガン伝わってきました。
で、例によって、また予定にないことしちゃって、怒られちゃった。
ははは…。

パパがいるサンクチュアリーにも届いたかしら。
[PR]

by jarakoroko | 2007-05-29 21:44 | ゴスペル関係