王子はいなかった

a0064865_120667.jpg

昨日、ロックゴスペル繋がりのはまっこさんと、CCレモンホールでナイトレンジャーを観ました。

はまっこさんは、ナイトレンジャーはあまり知らなかったけど、新譜とベスト盤を買って、ちゃんと聴いてきたそうです。
エラい!
新譜からの曲を何曲かと、古い曲でも突拍子もない曲はやらなかったから、多分、ほとんど知ってる曲だったんではないかしら?

ファンのはずの私は、新譜は買ってないので、知らない曲がありました。
(ショボン)

でも、良いライヴだったわ。
何の演出もなく、シンプルで元気に演奏してるだけなのに、とってもとっても楽しいの。
私は何度もナイトレンジャーは観てて、毎回、行くまではそんなに気合いは入ってないんだけど、観ると、その度に「やっぱり良いなぁ。」って思うのよね。

それは何故なんだろう。
演奏がお上手なの?
曲が良いからなの?
元気に動きまわるからなの?
私の愛情の問題なの?

全然、ナイトレンジャーなんて好きじゃない人が、このライヴを観たらどんな風に感じるんだろうなぁ?

しかし、あの会場に「ナイトレンジャーなんて全然好きじゃない」って人はいなかっただろうなぁ。
元気なオジサン達みんなが腕を振り上げ歌いまくってたわ。
(もちろん私のようにオバサンもいるよ。)

アンコール前の「When You Close Your Eyes」と「Don't Tell Me You Love Me」で興奮通り越して感動しちゃいました。
(年とると涙腺がゆるくなって…)
あ〜、大好きなこの曲。

「Don't Tell Me You Love Me」は衝撃的な出会いの曲。
昔、私はナイトレンジャーのオーディションを受ける夢をみた事があって、夢の中で、「歌詞覚えてて良かった!」って、この曲を熱唱したのだわ。

そして「When You Close Your Eyes」は、初めて観たナイトレンジャーのコンサートで、ギターのジェフが王子様のように見えた曲。
席が後ろで、背の高い男性ばっかりだったから、全然ステージが見えなかったの。
でも、この曲のギターソロの時、私の前がモーゼの十戒のようにひらき、その先にはキラキラのお召し物を着たジェフがいたのよ。
王子様のようだったのよ〜!
あー、懐かしいわ。

それはそうと、今回、ジェフはいなかったのね。
sheさんから「ジェフワトソンはいない」って聞いてたんだけど、「そんなバカな!」って信じてなかったの。
(sheさん、ごめんなさい。あなたを信用してなかったわけではないの。愚かな愛ゆえのあやまちなのよ。)

ハンカチ王子もハニカミ王子も全然興味ないけど、私のウマヅラ王子がいなくなってしまうなんて…。
もう、私には王子様は来ないのかしら。
[PR]

by jarakoroko | 2007-06-11 12:00 | 音楽