CROCODILES / ECHO AND THE BUNNYMEN

a0064865_0373526.jpg

「好き曲コーナー」に書く雨にまつわる曲を考えてたら、このCDが目に入って久しぶりに聴きました。
私は、この時代のイギリスの音楽はあまり好みではなくて、好きなのがあっても一過性のものだったような気がします。
エコー&ザ・バニーメンも、友達が好きだから何となく聴いてたって感じだったんですよね。
衝撃を受けたのは、彼らのビデオを観た時。
多分、デビューからのPVを集めた物だったと思うんだけど、後半にライヴ映像が入ってたんです。
かったるそうなイメージが吹き飛んだ熱い攻撃的なライヴだったの。
ロックだなぁ〜!って思ったわ。

まぁ、それも20年以上前の話です。

それからずっと、エコー&ザ・バニーメンの事は忘れてたんだけど、ふと思い出すと、無性に聴きたくなるのです。
あの、ジャンジャカジャンジャカした音がたまらないのよん。

今日、このアルバムを聴いてて、この曲ならもっともっと渋めにも、都会的にもできそうなのに、彼らはスカンスカンな感じでジャンジャカ演奏するのよね。
そのぶっきらぼうな勢いが好きだわ。

PCから見つめてるあなたもそう思うでしょ。
私のマック君だと、そこへは行けないみたい。
え〜ん、みんなと遊びたいけど、またの機会にね。
[PR]

by jarakoroko | 2007-07-15 00:37 | 音楽