地獄の夜は明けて

a0064865_16564278.jpg

土曜日、結婚式デイは、別府からレンタカーで福岡に入りました。
途中、違うところの「地獄蒸しプリン」を買いました。

あ〜、山を超えて福岡に行くのね〜。
山が近くて雄大なの。
山肌が黄砂色。

ご機嫌ご機嫌。
ぼらちゃん、運転ありがとう。

さてさて、着いたら大忙しよ。
あっという間に結婚式。

ぼらちゃんと二人旅も楽しかったけど、式場のタカクラホテルに着いたら、お馴染みのゴスペルメンバーに次々会えて嬉しかったわ。
福岡で大集合!
凄いな〜。

そりゃあ、ゴスペルメンバーどメンフィスやらニューオリンズ行ったのも凄かったけど、いやぁ〜、私達、みんなで福岡にいるよ!
それだけでハイテンション。

花嫁のC様は綺麗だったけど、とってもリラックスしていて、C様らしい和やかな披露宴でした。
新郎新婦入場では「ワンダフル・ワールド」をA先生が熱唱しました。
それが、すんごいカッコ良かったよ。
席に戻ってきた時、先生は「オレはやったぞ!」ってな満面の笑顔でした。

ゴスペル隊では、「プレイズ・ビー・トゥ・ザ・ロード」「世界にひとつだけの花」「ジョイフル・ジョイフル」を歌いました。
「ジョイフル」では花嫁C様のソロを披露。
凄く練習したんだろうなぁって感じで良かったよ〜。
先生のあたたかいガイドも良かった。
私は自信がなかったけど、C様に「やってね!」と言われてたラップ部分に挑戦。
当日までグズグズしてたけど、C様にやってと言われたらやんなきゃよね!

出番が終わったら一安心。
一安心したら、涙腺ゆるみまくり。
となりのYちゃんは披露宴始まった瞬間から涙腺ゆるんでるし、反対となりのぼらちゃんも目を真っ赤にして泣いてるけど、私はもらい泣きしちゃうから視界に入れないようにしてました。
先生が泣くのは(もう年だから)仕方ないにしても、意外な人が号泣しててビックリ!?
あんた、新婦のなんなのさ!?
後から大笑いしたけど、心温まる出来事でもあったわ。

披露宴の写真は、携帯じゃうまく撮れなかったの。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-21 16:56 | 日々のこと