おセンチなワタクシのゴスペル集

a0064865_0545539.jpg

画像は関係ないけど「血の池地獄」ね。

火曜レッスンの後、ご飯食べながら、過去のゴスペルコンサートで歌った曲の話をしてたから、ウチ帰ってコンサートのCDを聴いてみたのよね。
今まで、あんまり聴きたいとは思わなかったんだけどさ。

も〜、いろんな思い出が噴き出してきちゃったよ。

友達がいなくて、レッスンに行っても、挨拶以外、誰とも一言も話さずに帰ってきてた時期も長かったわ。
合宿や飲み会に参加して、ポツポツと友達ができて、だんだん輪が広がってったのよねぇ。
プライベートで辛い事があって、それこそ、ゴスペルの友達に支えられ、毎回、這うようにレッスンに向かってた時もあったわ。

ちょっと思い出の曲について書いちゃおうかな。

「SOMEBODY TO LOVE」は、大好きな曲で、昔から聴きながら何度も涙した曲だったのよ。
それをゴスペルで歌うなんて思ってもみなかった!
A先生がロックなRジくん用にアレンジしたらしいんだけど、弾けたソロのRジくんがイケてたなぁ。
羨ましかったわ。
私だってお風呂場でなら、小学生の頃から歌ってる曲よ〜。
とはいえ、クワイヤーは苦戦しました。
難しかった。
今でも自信ない。


「JESUS IS THE ANSWER」は、Bラッキーのソロが印象的だったわぁ。
あの声は神様からの贈り物だわね。
Bラッキー、すごく素敵なんだけど、この曲、わんこさんの結婚式でのズッコケ事件の思い出もついてきちゃうのだわ。

「LEARN ON ME」は、私がぼらちゃんに惚れちゃった曲。
すごく緊張した後ろ姿が、今でも見えるような気がするわ。
あんなに歌うまいのに、緊張するんもんなんだなぁ〜なんて思ったのよ。
ハスキーだけど、温かい湿度を感じさせる声が、この曲にマッチしてるなぁ。
丁寧な歌い方が優しくていいんだなぁ。

「JOYFUL JOYFUL」
この曲は何度も何度も歌ったなぁ。
まず、ダンス!
私はダンス隊に入りたかったけど、最初、自信がなくて言い出せなかったのよ。
ビデオ借りて、お兄ちゃんにからかわれながら家でコッソリ練習して、やっと、やりたい!って言えたのだ。
まぁ、運動神経ない私にはしんどかったけど楽しかった。
その後、カコちゃんやはたぼー、C様とも踊ったなぁ。
それからラップ。
ここのラップをやりたいって人がいて、その人の練習に付き合ってたら、なんとなく覚えちゃったんだ。
で、調子に乗って「ラップやります!」って言ってから、吐くほど後悔したんだ。
コンサートでははたぼーと組んでやりました。
あと、C様の披露宴ね。

「HAIL HOLY QUEEN」には、また思い出がたくさん。
ぼらちゃんに「最後の高音出るんじゃない?」って言われて、頑張って練習したんだよね。
パパにいちいち「あー、ビックリしたぁ!」って言われながら、家で奇声をあげてました。
そのうち、パパまで歌い出すようになっちゃったんだわ。
電話口でYうちゃんに聴いてもらって、「大丈夫!出てる出てる!」って励まして貰ったりしたわ。
これはトリトンのクリスマスコンサートで、ぼらちゃんと組んでソロを歌ったんだけど、当日、風邪ひいて声がガラガラだったんだよね。
「あんなに練習したのに、本番はこれかよー!」
って、情けなくて涙が出たわよ。
せっかく、憧れのぼらちゃんと一緒に歌えたのに…。

おセンチ・ゴスペル思い出曲集はつづく。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 00:54 | ゴスペル関係