おセンチなワタクシのゴスペル集・2

a0064865_156129.jpg

画像は関係ないけど「龍巻地獄」です。

おセンチな思い出の続き。

「SHOUT」は、プリンセス・シスターズ3人で歌った思い出の曲。
これも高音担当で、外してばかりだったなぁ。
私の出来は置いといて、決めたわけじゃないのに、クワイヤーのみんなが楽しそうに、白鳥の振付をやってる姿に感動しちゃったよ。
歌うところはちょっとだったけど、初めてのソロだったから、すごーく緊張してたのよ。
でも、後ろから厚い歌声と笑顔で支えられてるのが肌で感じられて、とっても気持ち良かった。
チャリティーコンサートで2回、クリスマスコンサート、あと、正式な白鳥の衣装で忘年会でも歌いました。
懐かしいなぁ。

「TOTAL PRAISE」は、私達、ソロなしの曲でもイケてるじゃん!って思った最初の曲。
本当にイケてたかは別として、このしんどい盛り上がりはソプラノ魂に火がついたね!

「CLIMBING HIGHER MOUNTAINS」
Yうと群馬に行っちゃったKヨミーのソロがとっても迫力があった。
なんかね、二人共、すんげー気が強そうな歌なの。
Yうの歌は前から大好きだったんだけど、惚れ直しちゃうくらい気持ちの良いソロバトルだったわ。

「JESUS IS THE BEST THING」は、Nおちゃんとぼらちゃんのソロでした。
Nおちゃん(♀)のクールで男っぽいソロの後、ぼらちゃんの曲線的で柔らかい声が入ってくる感じがたまらんです。
二人共、アドリブが激しくて、聴いてるとつい息するの忘れちゃうのよ。
凄かったなぁ〜。
この頃は、もう「ぼらちゃんはうまくて当然」って思ってたんだけど、歌に対する感想や意見を真面目に聞いて受け止めてる姿に感心しましたわ。

おセンチな思い出はまだまだ続く。

けど、恥ずかしくなったら削除しちゃうかも〜。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 01:56 | ゴスペル関係