桜並木

a0064865_10284697.jpg

たしか桜だと思った、ここ。
今日はソーシャルワーカーの方と面談があるので、午前中会社は休んで病院へ行きます。
いつもと違う方向のバスに乗ったので、見えるものが違う。
この先も桜並木が続き、色づいた美しい紅葉が続く。

母がリハビリ病院に移ってから、まだ一度もまともに話してないの。
行くといつももうろうとしてて、多分、私が来たってこともわかってない。
前の病院ではもっとしっかりしてたのになぁ。

病院を信じるしかないよね。

先日のビヨンド・ザ・ビレッジのライヴで、東京バンドのベースさんとキーボードさんにあった。
近況を話すと、
「みんな必ず通る道よ!この人(キーボードさん)なんて介護歴30年よ!」
と、ベースさん。

いろんな励ましやアドバイスをもらい、「元気つけなきゃ!」ってピザもご馳走になっちゃった。

ベースさんが言うには、治った時のイメージを自分自身に信じ込ませるんだって。
まず、自分が信じる。
悪い方向をイメージしてはダメ。
回復して、また一緒に暮らすことができるって信じ込ませないと!
自分自身を洗脳する。

そうね、そうね。
今まで、そんな風には考えられなかったものね。
悪い方向ばかり考えて、その場合はどうしたらいいか…、そんなシミレーションばかりしてた。
先の事を考えておくのが、大人としてやるべきことたとは思うけど、考えたら暗くなるばかりなのよね。

それよりか、また一緒に紅葉を見る日を思い描いているほうがいいわね。

「また、歌を聴かせてね!」
と、東京バンドさんは別れ際に言ってった。

私はバンドもやってないし、100人の中の1人として習い事のゴスペル隊で歌ってるだけ。
シンガーではないのよー!

前に会ったときもベースさんは、私の歌に対するアドバイスをいろいろしてくれた。
ちゃんと聴いててくれたんだなぁって嬉しかったわ。

銀座グレイスフルのコンサートでは、客席でノリノリに歌っちゃったけど、最近、まともに歌ってません。

ソプラノ出るかなぁ~?

12月は藤沢セッション大会とスティクスセッション大会。
そろそろ、声出さなきゃ。

歌詞も覚えなきゃ。

頑張るぞー!
[PR]

by jarakoroko | 2008-11-11 10:28 | 日々のこと