アンヴィル観てきた

a0064865_11205111.jpg

すごく良い映画でした。
全然、アンヴィルを知らない、メタルも聴かない友達に、
「私が映ってるかもしれないから!」
と騙して…、いや、詳細を伝えず付き合わせたのだけど、
彼女もすごく気に入ってくれて、途中から涙がでちゃって大変だったらしい。
彼女はパンフレットも買い、DVDが出たら買うと断言してた。
元気になりたい時に観るんだそうな。

ホントに元気を貰える映画だった。
そして、笑っちゃうけど、涙が出ちゃうのよ。

アンヴィルという、20年前、一時はとても注目されたカナダのバンドが、その後はすっかりシーンから消えてしまったけど、細々とバンド活動を続けているというドキュメンタリーなの。
ま、なんとなく想像できる内容ではあるんだけど、なんと言っても、オリジナルメンバーの2人がいいんだわ。
夢を追いつづけて50歳になっちゃった2人が、ホントは情けないのかもしれないけど、とってもかわいらしいのよ。
そして愛のある環境に生きているのよね。

メタリカやアイアン・メイデンの映画は、バンドのファン、メタルが好きな人じゃないと面白くないと思うんだけど、
この映画はファンじゃない人が観ても楽しめる映画だと思う。
(友達Bちゃんで実証済)

是非、みんなに観て欲しいわぁ。

私自身は、アンヴィルというバンドには全然興味がなくて、名前は知ってても曲は聴いたことなかったの。
2006年のラウドパークの出演バンドに名前が載ってるのを見て、まだやってたんだ!ってビックリ!
1日20バンドくらい出演する大フェスティバルで、全然知らない新人バンドの次に出てきてビックリ!

日本はとても重要なシーンで映画に出てくるんだけど、なんか日本のロックファンっていいなぁと思いました。

あー、いい映画だった。
[PR]

by jarakoroko | 2009-11-14 11:20 | 映画