カテゴリ:ゴスペル関係( 42 )

もうすぐゴスペルコンサートよ!

a0064865_19234636.jpg

昨日は、コンサート前、最後のレッスンでした。
皆さん、文化祭前日みたいなテンションになってましたね~。

あ、ゴスペル東京コンサートは6月6日土曜日よ!
中野ゼロホールで14時開演です。
当日券もザクザクあると思いますので、お時間ある方はいらしてね。

このところ、落ち着く時間がなくて、部屋は散らかりっぱなし(私の部屋以外は姉が掃除しているが)、衣替えはしてないし、冬のコートはクリーニングに出してないし、やんなきゃいけないリストが頭の中に20項目くらいある。

しかし、考えてみれば、どんなにヒマなときでも、これらの項目が消化されることはないかも。
ま、衣替えはしないとね。

とりあえず、ご飯ご飯。

ダイエーの木曜セールでお魚の漬けたやつ買ってきました。
ひと切れ50円なのよ。

写真は作りすぎたサラダ。
アボカドも入ってるけど見えないね。

そうだ、今年のコンサートは、出戻りソプラノのほり~さんとSOJのMちゃんと同じマイクです。
ほり~さん、前面ウロコのようなスパンコールの衣装だってんで、
「じゃあ私は前面フリンジにするわぁ!アイケッツ!アイケッツ!」
と張り切ってたんだけどね。

ウチ帰ってフリンジのお洋服着てみたら、ワタクシ、なんだか変なのよ!
変なの!

「肩に肉がついたんじゃないの?」
とお姉ちゃん。

えー!肉?
えー!これ?

タルタルの二の腕は開き直ったけど、肩の肉かぁ~…。
[PR]

by jarakoroko | 2009-06-04 19:23 | ゴスペル関係

I KNOW WHO I AM

a0064865_22375975.jpg

とうとう発熱してダウンしました。
毎年、コンサート前は緊張とプレッシャーで具合悪くなっちゃうんだけど、今年もやっぱりダウンしました。

皆さん、すみません。
もう、元気出てきました。
ここから本番までガーッと行くわよ!

今年はソロはやめておこうと思ったんだけど、ママが見にきてくれるかもしれないんで立候補したんだ。
でも、やっぱり来れなくなっちゃったの。
ガックリしてたら、
「パパが見にくるかもよ。」
と友達が言った。

そうね、パパだったら、付き添いもいらないし、
電車で席ゆずってもらわなくてもいいし、
新型インフルエンザの心配もしなくていいものね。

「I KNOW WHO I AM」
私はよく、自分は何者なんだろうって考えちゃうんだ。
大げさな言い方をすれば、私に生きてゆく価値があるんだろうか?って。
体力も根性もなく、なあんの取り柄もない私。
世間の真面目に生きてきた方々から見れば、私みたいな人間が、よく生きてこられたなぁと思うでしょう。

私は何者か。
ここは私の居るべき場所なのか。
繰り返し、繰り返し、私の中で生まれてくる焦燥感。
ずっとそんな事を悩み、いろんな経験をして、道に迷ったりしてきた。

だから、「I KNOW WHO I AM」を歌いたいと思ったんだ。
私に生命をくれた両親のことを思いながら、You gave me life!って歌いたかったの。

コンサートではソロは私入れて4人なんだけど、レッスン4回くらい1人で歌わせてもらったの。

ソロ歌うとなると、自分なりに作り込んでいかなきゃいけないのよ。
昨年のソロを参考にしつつも、おなじようにはしたくない。
アメリカンアイドル見ながら、いろいろ考えてみても、それに技術が追いつかないからダメ。
やっぱり自分らしい歌にしたいなぁ。

初めて歌った日は、もうがむしゃらで、録音したの聴いたら笑っちゃったんだけど、みんな、すごく盛り上がってくれた。
自己紹介して、A先生からコンサートへの意気込みを聞かれたから、
「介護施設に入ってるママが見にきてくれるので頑張ります!」
って言ったら、みんなが拍手と声援をくれたの。
録音聞き返して、泣いちゃったわ。

今まで、1人でゴスペルのソロを歌うことがなかったから、すごく不安だったのよ。
でも、うまくいったかは別として、いろんな人から反応があった。
あんまり話したことない人からも「元気が出ました!」って言ってもらえた。

すっかり、中野ゼロホールのステージを駆け回って歌う自分をイメージしてたのだけど、この曲は4人でソロを歌うことになったの。
だから、新しい「I KNOW WHO I AM」を作っていかなきゃなのね。

いろいろ大変だったけど、どうにか、4人で形になってきて、コンサートに向かっております。

「あとは、自分の歌をしっかり歌うこと!」
と友達からダメ出しもうけました。

そうね、私らしく歌わないとね。

I KNOW WHO I AM!
[PR]

by jarakoroko | 2009-06-02 22:37 | ゴスペル関係

ゴスペル大忘年会

a0064865_2293622.jpg

ずっとレッスンに行ってなくて、母の一時帰宅のこともあるから、忘年会は不参加のつもりでいたのだけど、やっぱり出席しちゃいました。

久しぶりにゴスペルのみんなに会えて楽しかったわぁー!
ホントにエネルギーが目に見えるくらい湧き上がってます。
みんな、元気だ!

いろいろあったけど、1年、ありがとうございました。
来年もよろしく!
ガンガン歌おー!
[PR]

by jarakoroko | 2008-12-28 22:09 | ゴスペル関係

パシフィコ横浜でゴスペルナイト

a0064865_98534.jpg

すっかり楽しい思い出も遠い過去になってしまった感じ。
今、更新地獄中です。

えっと、14日のゴスペルナイト。

今回、はまっこさんの金ローブ組は4番目で、私達は5番目だったから、全然見れなかったのよ。
でも、本番前に待ち伏せしちゃったわ。
スティクスセッションオフ会の打ち合わせもしました!

こう言っちゃなんだけど、ワタクシ達は、ジューダスプリーストと同じステージに立つ、いえ、ジューダスがワタクシ達の立ったステージに立つのよ。

だから何だってわけじゃないけど。

昨年はワタクシ達が歌った国際フォーラムのステージで、ロニー・ジェイムズ・ディオ先生も歌ったのよ。
もっと遡れば、ワタクシ達はロニー先生より先にZEPP東京のステージにも立ってるんだわ。

そんな、身分不相応な会場で毎年歌う私達。
5千人の大発表会は無理やりな気もするのよね。

いろいろ思うところはあるけど、なんだかんだと楽しいイベントではあるのだ。
待ち時間と思えば辛いが、1日みんなと遊べて、ステージで歌ったりもしちゃうのだ。

まーくん、コメントありがとう。
お返事はまた後ほど~!
[PR]

by jarakoroko | 2008-09-18 09:08 | ゴスペル関係

パン屋

a0064865_194516.jpg

職場近くの駅の改札近くにパン屋があって、レッスンで新宿行く前に寄りました。
私、パン屋に行くといつも買いすぎちゃうの。
土曜日のコンサート前もパン屋に引き寄せられ、食べきれないくらい買ってしまったのよね。
見にきてくれた友達にあげてしまった。

雨の土曜日、ゴスペル東京チャリティーコンサート、見にきてくれた方ありがとうございました。
今年はオープニングのアカペラ後、一発目でソロだったので、まだまだ声が出てませんでしたわ。
とはいえ、ワタクシ、歌唱力より勢いなので、もー、頑張りましたわよ。

はぁ~、CD聴いたり、DVD見たりしたら、またどっぷり落ち込むんだわ。

さてさてパン屋さん。
買いすぎに注意なんだけど、食べるスペースもあるので棚に並んだパンを見ながら食べました。
足りなかったら買えばいいんだから!と自分に言い聞かせたりなんかして。
[PR]

by jarakoroko | 2008-06-03 01:09 | ゴスペル関係

職場にチラシ

a0064865_12424641.jpg

貼っちゃった。

玄関入って正面なの。

私が貼ったんじゃなくて、社長が貼りました。

とはいえ、あんまり人の出入りがある職場ではないんだけど…。
[PR]

by jarakoroko | 2008-04-23 12:42 | ゴスペル関係

おセンチなワタクシのゴスペル集・3

a0064865_12372993.jpg

画像は関係ないけど、龍巻地獄にあった木。
なんとなくいい感じなんで撮ってみました。

おセンチな思い出の続きなんだけど、だいぶん落ち着いてきました。
一昨日まで、箸が転んでも涙でそうなくらいエモーショナルだったんですが、今日は、テレビニュース見ながら鼻がツーンときた程度よ。

「FRIEND OF GOD」の事を書こうと思ってるんだけど、思い出が多すぎるわぁ。
この曲については今までも何度となく書いてるのだけれど、なんと言っても、2006年のコンサート、パパが見にきてくれるのも最後かも…って予感が的中しちゃったのよね。
ソロ歌わせて貰って良かったです。
すっかりボケボケのパパだったから、私がソロを歌ったのも全然覚えてないみたいだったけど〜。

プレッシャーがすごくて食べれないは眠れないはだったけど、今にして思えば、すんごく楽しかったわ。
ソロ相方のぼらちゃんとは、打ち合わせも練習も1回だけ。
私は録音したMDを毎日毎晩聴いて、ぼらちゃんの傾向と対策を練ってたのに、毎回毎回、違う歌い方するんだよね。
最初はついて行くだけで必死だったけど、なんだか、それがすごく楽しくなっちゃったのよ。
「おっ、そう来たか!」
「じゃあ、私はこうだ!」
みたいな…。
ぼらちゃんがカッコいい事やると、うわぁ〜ってテンションがあがってくるし、クワイヤーのみんなもどんどん元気になって、どんどん笑顔になってくる。
それがガンガン伝わってくるの。
やっぱり、クワイヤーって凄いなぁ。
改めてCDで聴いてみたら、私はホントヘタクソでやんなっちゃったけど、ヘタクソな私にもこんな気持ち良い経験をさせてくれて、皆さん、本当に本当にありがとうございました。

それと、コンサート後、いろんな人からいろんなを話をして貰ったのも、この曲のお陰でした。

この曲は同じ2006年のゴスペルナイトでも、ぼらちゃん、Nお、湘南のY田くんとソロを分け合って歌いました。
それぞれ自分なりの歌い方を考えてきて、それがエキサイティングですごく楽しかったです。

その後、パパが他界し、クリスマスコンサートは欠席。
銀座グレイスフルクワイヤーのコンサートで、この曲のソロを歌ったイカスミ姐さんとの共演は、翌年2007年夏の新橋こいち祭りで実現するのでした。
姉妹クワイヤーとはいえ、当日いきなり行ってソロ歌うなんて、とっても失礼な奴だったんですが、暖かく迎えてくれてありがとうございました。

この曲の事を考えると、本当に、周りの人に支えられて生きてるのだなぁって思います。
ずっと家族を支えてきたパパは、ママに支えられて、ずっと出来損ないの末っ子の私を面倒を見ていたママは、私に支えられてたと思うし、ボケボケパパを支える事もママの心の支えだったと思う。

クワイヤーのみんなに支えられて、天に登るほどの幸福を感じながらこの曲を歌った後、私は長く暗く辛い時期を過ごす事になったけど、気にかけてくれる友達のお陰で復活できました。

いや、今だから言うけど、パパが死んじゃった後は、ママと私は大変だったのよ〜。
毎日ウツウツで、人生2度目の「このまま死んじゃうかもしれない」体験したのよ。
でも、ちゃんと戻ってきたわ。

おセンチシリーズはまだ続く…と思う。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-27 12:37 | ゴスペル関係

おセンチなワタクシのゴスペル集・2

a0064865_156129.jpg

画像は関係ないけど「龍巻地獄」です。

おセンチな思い出の続き。

「SHOUT」は、プリンセス・シスターズ3人で歌った思い出の曲。
これも高音担当で、外してばかりだったなぁ。
私の出来は置いといて、決めたわけじゃないのに、クワイヤーのみんなが楽しそうに、白鳥の振付をやってる姿に感動しちゃったよ。
歌うところはちょっとだったけど、初めてのソロだったから、すごーく緊張してたのよ。
でも、後ろから厚い歌声と笑顔で支えられてるのが肌で感じられて、とっても気持ち良かった。
チャリティーコンサートで2回、クリスマスコンサート、あと、正式な白鳥の衣装で忘年会でも歌いました。
懐かしいなぁ。

「TOTAL PRAISE」は、私達、ソロなしの曲でもイケてるじゃん!って思った最初の曲。
本当にイケてたかは別として、このしんどい盛り上がりはソプラノ魂に火がついたね!

「CLIMBING HIGHER MOUNTAINS」
Yうと群馬に行っちゃったKヨミーのソロがとっても迫力があった。
なんかね、二人共、すんげー気が強そうな歌なの。
Yうの歌は前から大好きだったんだけど、惚れ直しちゃうくらい気持ちの良いソロバトルだったわ。

「JESUS IS THE BEST THING」は、Nおちゃんとぼらちゃんのソロでした。
Nおちゃん(♀)のクールで男っぽいソロの後、ぼらちゃんの曲線的で柔らかい声が入ってくる感じがたまらんです。
二人共、アドリブが激しくて、聴いてるとつい息するの忘れちゃうのよ。
凄かったなぁ〜。
この頃は、もう「ぼらちゃんはうまくて当然」って思ってたんだけど、歌に対する感想や意見を真面目に聞いて受け止めてる姿に感心しましたわ。

おセンチな思い出はまだまだ続く。

けど、恥ずかしくなったら削除しちゃうかも〜。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 01:56 | ゴスペル関係

おセンチなワタクシのゴスペル集

a0064865_0545539.jpg

画像は関係ないけど「血の池地獄」ね。

火曜レッスンの後、ご飯食べながら、過去のゴスペルコンサートで歌った曲の話をしてたから、ウチ帰ってコンサートのCDを聴いてみたのよね。
今まで、あんまり聴きたいとは思わなかったんだけどさ。

も〜、いろんな思い出が噴き出してきちゃったよ。

友達がいなくて、レッスンに行っても、挨拶以外、誰とも一言も話さずに帰ってきてた時期も長かったわ。
合宿や飲み会に参加して、ポツポツと友達ができて、だんだん輪が広がってったのよねぇ。
プライベートで辛い事があって、それこそ、ゴスペルの友達に支えられ、毎回、這うようにレッスンに向かってた時もあったわ。

ちょっと思い出の曲について書いちゃおうかな。

「SOMEBODY TO LOVE」は、大好きな曲で、昔から聴きながら何度も涙した曲だったのよ。
それをゴスペルで歌うなんて思ってもみなかった!
A先生がロックなRジくん用にアレンジしたらしいんだけど、弾けたソロのRジくんがイケてたなぁ。
羨ましかったわ。
私だってお風呂場でなら、小学生の頃から歌ってる曲よ〜。
とはいえ、クワイヤーは苦戦しました。
難しかった。
今でも自信ない。


「JESUS IS THE ANSWER」は、Bラッキーのソロが印象的だったわぁ。
あの声は神様からの贈り物だわね。
Bラッキー、すごく素敵なんだけど、この曲、わんこさんの結婚式でのズッコケ事件の思い出もついてきちゃうのだわ。

「LEARN ON ME」は、私がぼらちゃんに惚れちゃった曲。
すごく緊張した後ろ姿が、今でも見えるような気がするわ。
あんなに歌うまいのに、緊張するんもんなんだなぁ〜なんて思ったのよ。
ハスキーだけど、温かい湿度を感じさせる声が、この曲にマッチしてるなぁ。
丁寧な歌い方が優しくていいんだなぁ。

「JOYFUL JOYFUL」
この曲は何度も何度も歌ったなぁ。
まず、ダンス!
私はダンス隊に入りたかったけど、最初、自信がなくて言い出せなかったのよ。
ビデオ借りて、お兄ちゃんにからかわれながら家でコッソリ練習して、やっと、やりたい!って言えたのだ。
まぁ、運動神経ない私にはしんどかったけど楽しかった。
その後、カコちゃんやはたぼー、C様とも踊ったなぁ。
それからラップ。
ここのラップをやりたいって人がいて、その人の練習に付き合ってたら、なんとなく覚えちゃったんだ。
で、調子に乗って「ラップやります!」って言ってから、吐くほど後悔したんだ。
コンサートでははたぼーと組んでやりました。
あと、C様の披露宴ね。

「HAIL HOLY QUEEN」には、また思い出がたくさん。
ぼらちゃんに「最後の高音出るんじゃない?」って言われて、頑張って練習したんだよね。
パパにいちいち「あー、ビックリしたぁ!」って言われながら、家で奇声をあげてました。
そのうち、パパまで歌い出すようになっちゃったんだわ。
電話口でYうちゃんに聴いてもらって、「大丈夫!出てる出てる!」って励まして貰ったりしたわ。
これはトリトンのクリスマスコンサートで、ぼらちゃんと組んでソロを歌ったんだけど、当日、風邪ひいて声がガラガラだったんだよね。
「あんなに練習したのに、本番はこれかよー!」
って、情けなくて涙が出たわよ。
せっかく、憧れのぼらちゃんと一緒に歌えたのに…。

おセンチ・ゴスペル思い出曲集はつづく。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 00:54 | ゴスペル関係

ライブ、出たり、観たり

a0064865_10125928.jpg

昨日は川崎ルフロンでのクリスマスライブでした。
朝から頭は痛いし、目はかすむし、体に力が入らずフラフラ〜。
しかし、川崎に行かんといけん!
行かんといけんのよ!

ちょっとコミュニケーションをとりにくいステージで歌いにくかったけど、たくさんの人が立ち止まって聴いてくれたので、すごくテンションが上がりました。
ゴスペル隊育休中のママさん達(パパさんも)来てくれて、嬉しいやら恥ずかしいやら。
私は、友達の彼氏が働いているヨドバシカメラに向かって歌ったわぁ。

ライブ終了後はグッタリ。

ちょっとお茶して、アカペラグループ、スイートマジョラムのライブへ。
有楽町線の赤塚というところで、川崎から随分あるのよ。
振り子のような移動だった。

昼に飲んだ薬が切れてきたのか、だんだん具合が悪くなってきて、だんだん不機嫌になっていく私。
いかんよ、いかんよ!

ジュースみたいなサングリアを飲んでたら、少し血がが巡ってきて調子が出てきたわん。

ライブは2組のアカペラグループが出演しました。
私のあまりよくわからない分野なので、なんとも言えないのだけど、凄く良いと思える曲と、そうでもない曲がありました。
すごい歌がうまいメンバーがいて、その歌をもっと聴きたいと思うんだけど、メロディーと楽器をやらなきゃみたいで、アカペラって忙しいのね。
ひとつのフレーズを歌った後に、パパン〜♪とか、ツッツル〜♪とか入れないといけないみたいで…。
もっと酔いしれる程、歌を聴かせて欲しいなぁ。
と、アカペラ無知な私は思ってしまうんだけど、アカペラは、そういうのが良い所なのかもね。

私、不機嫌なのはお腹がすいたからに違いない!と、ライブ後は「何か食べたい!」を連発!
池袋の居酒屋へ行き、お腹一杯になったら元気が出てきた!

あ〜!お腹一杯でこんなに元気が出るなら、さっさと何か食べておけば良かったぁ。

今日はまた川崎です。
[PR]

by jarakoroko | 2007-12-16 10:12 | ゴスペル関係