<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

エロエロにつかまる

a0064865_2121291.jpg

そんなにファンってほどではないんだけど、たまにMr.チルドレンが聴きたくなる時があります。
夜、聴き出しちゃうと眠れなくなっちゃうのよね〜。
なんて、友達に言ったら、
「桜井さんはエロエロだからね。」
って言われた。

うん、まぁ、わかるような気がする。

昔、読んだ新聞では、桜井さんの声を「官能的」って表現してた。
私はその頃、Mr.チルドレンを知らなかったので、日本人男性歌手で官能的だなんてありえないって思ってたのよ。
例えば、あの〜、名前が出てこないけど、ラッツ&スターの人なんて、大人の色気のある声をしてるとは思う。
でも、私は彼の声が官能的とは思わない。

で、桜井さん。
何がどうって説明できないんだけど、こういう声を官能的って言うのかもなぁって思った。
歌を聴いてるだけで、なんだか後ろめたいような気分になってくる。
だから、それが良いとも限らないのよ。
Mr.チルドレンが絶対聴きたくない時ってのもあるのよ〜!
非日常的にしておきたいかも。

とはいえ、私の鼻歌プレイリストの中では、かなり上位にランクインしてる曲もあるんだ。
「ボレロ」ってアルバムに入ってる「EVERYTHING」と言う曲。
この曲が一番好きという訳ではないんだけど、気がつくと歌ってるのよねん。
鼻歌で満足できず、CDを聴くと、歌も良いけど、間奏のギターがいいんだよね。
晴れた日のような、私の好きな音がするわ。

エロエロと言えば、削除しても1時間おきに入ってくるスパムコメントも凄いなぁ。
削除しなければ、半日何も入ってこなかったから、マメに削除しないほうがいいのかな?
目障りだけど仕方ないか。
皆さん、間違えて変なとこクリックしないようにね。

お!
日本2点目入った!
オシムさんも元気そうで良かった。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-30 21:02 | 音楽

ベビードール

a0064865_15511835.jpg

昨日は大事な預かり物を渡せたぞ〜!

C様様からしず☆ちゃんにベビードールのミニチュア!

何年か前に、C様が、
「YSLの香水ベビードールのミニチュアを持ってると幸せな結婚ができる」
という話をテレビで見たらしいのよ。
なので、海外旅行のお土産にベビードールのミニチュアを買ってってあげたのよね。

C様だけじゃなく、ゴスペル隊には独身の女性がくさるほどいるから、いくつか買ってきて、上から(年の)順番にあげてたら、しず☆ちゃんの分がなくなっちゃったのよ〜。

しず☆ちゃんには、
「結婚したら、次の人に渡す事になってるみたいだから、誰かから貰ってね。」
と、かわりに「IN LOVE AGAIN」のミニチュアを渡したのでした。

もう、何年も前の話だから忘れてたんだけど、先日、C様の結婚後、
「しず☆に、これ渡してね。」
とベビードールのミニチュアを預かったのよ。

ひえ〜、C様、覚えてたのね。
いや〜ん、感動しちゃったじゃない。

てなわけで、幸せのベビードールはしず☆ちゃんの手に渡りました。

ちょっと、ちょっと〜!
皆さんのところで眠っているベビードールにも、伝説を甦らせてあげて下さいな。
せっかくお土産に買ってきたんだからさ〜!
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-29 15:51 | グッズ・ファッション

おセンチなワタクシのゴスペル集・3

a0064865_12372993.jpg

画像は関係ないけど、龍巻地獄にあった木。
なんとなくいい感じなんで撮ってみました。

おセンチな思い出の続きなんだけど、だいぶん落ち着いてきました。
一昨日まで、箸が転んでも涙でそうなくらいエモーショナルだったんですが、今日は、テレビニュース見ながら鼻がツーンときた程度よ。

「FRIEND OF GOD」の事を書こうと思ってるんだけど、思い出が多すぎるわぁ。
この曲については今までも何度となく書いてるのだけれど、なんと言っても、2006年のコンサート、パパが見にきてくれるのも最後かも…って予感が的中しちゃったのよね。
ソロ歌わせて貰って良かったです。
すっかりボケボケのパパだったから、私がソロを歌ったのも全然覚えてないみたいだったけど〜。

プレッシャーがすごくて食べれないは眠れないはだったけど、今にして思えば、すんごく楽しかったわ。
ソロ相方のぼらちゃんとは、打ち合わせも練習も1回だけ。
私は録音したMDを毎日毎晩聴いて、ぼらちゃんの傾向と対策を練ってたのに、毎回毎回、違う歌い方するんだよね。
最初はついて行くだけで必死だったけど、なんだか、それがすごく楽しくなっちゃったのよ。
「おっ、そう来たか!」
「じゃあ、私はこうだ!」
みたいな…。
ぼらちゃんがカッコいい事やると、うわぁ〜ってテンションがあがってくるし、クワイヤーのみんなもどんどん元気になって、どんどん笑顔になってくる。
それがガンガン伝わってくるの。
やっぱり、クワイヤーって凄いなぁ。
改めてCDで聴いてみたら、私はホントヘタクソでやんなっちゃったけど、ヘタクソな私にもこんな気持ち良い経験をさせてくれて、皆さん、本当に本当にありがとうございました。

それと、コンサート後、いろんな人からいろんなを話をして貰ったのも、この曲のお陰でした。

この曲は同じ2006年のゴスペルナイトでも、ぼらちゃん、Nお、湘南のY田くんとソロを分け合って歌いました。
それぞれ自分なりの歌い方を考えてきて、それがエキサイティングですごく楽しかったです。

その後、パパが他界し、クリスマスコンサートは欠席。
銀座グレイスフルクワイヤーのコンサートで、この曲のソロを歌ったイカスミ姐さんとの共演は、翌年2007年夏の新橋こいち祭りで実現するのでした。
姉妹クワイヤーとはいえ、当日いきなり行ってソロ歌うなんて、とっても失礼な奴だったんですが、暖かく迎えてくれてありがとうございました。

この曲の事を考えると、本当に、周りの人に支えられて生きてるのだなぁって思います。
ずっと家族を支えてきたパパは、ママに支えられて、ずっと出来損ないの末っ子の私を面倒を見ていたママは、私に支えられてたと思うし、ボケボケパパを支える事もママの心の支えだったと思う。

クワイヤーのみんなに支えられて、天に登るほどの幸福を感じながらこの曲を歌った後、私は長く暗く辛い時期を過ごす事になったけど、気にかけてくれる友達のお陰で復活できました。

いや、今だから言うけど、パパが死んじゃった後は、ママと私は大変だったのよ〜。
毎日ウツウツで、人生2度目の「このまま死んじゃうかもしれない」体験したのよ。
でも、ちゃんと戻ってきたわ。

おセンチシリーズはまだ続く…と思う。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-27 12:37 | ゴスペル関係

またまた結婚式

a0064865_04277.jpg

今日は銀座クラスのシマウマさんZッキーの結婚披露宴で歌ってきました。
彼女はエレクトーンコンサートでライオンキングの曲歌った時、シマウマさんをやってたの。
画像はイマイチだけど、すごく素敵な色のドレスだったのよ〜。

めでたい、めでたい。

披露宴の出番がおわって、みんなで飲みに行きました。
おねむだったけど、楽しかったわ。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-27 00:04 | 日々のこと

おセンチなワタクシのゴスペル集・2

a0064865_156129.jpg

画像は関係ないけど「龍巻地獄」です。

おセンチな思い出の続き。

「SHOUT」は、プリンセス・シスターズ3人で歌った思い出の曲。
これも高音担当で、外してばかりだったなぁ。
私の出来は置いといて、決めたわけじゃないのに、クワイヤーのみんなが楽しそうに、白鳥の振付をやってる姿に感動しちゃったよ。
歌うところはちょっとだったけど、初めてのソロだったから、すごーく緊張してたのよ。
でも、後ろから厚い歌声と笑顔で支えられてるのが肌で感じられて、とっても気持ち良かった。
チャリティーコンサートで2回、クリスマスコンサート、あと、正式な白鳥の衣装で忘年会でも歌いました。
懐かしいなぁ。

「TOTAL PRAISE」は、私達、ソロなしの曲でもイケてるじゃん!って思った最初の曲。
本当にイケてたかは別として、このしんどい盛り上がりはソプラノ魂に火がついたね!

「CLIMBING HIGHER MOUNTAINS」
Yうと群馬に行っちゃったKヨミーのソロがとっても迫力があった。
なんかね、二人共、すんげー気が強そうな歌なの。
Yうの歌は前から大好きだったんだけど、惚れ直しちゃうくらい気持ちの良いソロバトルだったわ。

「JESUS IS THE BEST THING」は、Nおちゃんとぼらちゃんのソロでした。
Nおちゃん(♀)のクールで男っぽいソロの後、ぼらちゃんの曲線的で柔らかい声が入ってくる感じがたまらんです。
二人共、アドリブが激しくて、聴いてるとつい息するの忘れちゃうのよ。
凄かったなぁ〜。
この頃は、もう「ぼらちゃんはうまくて当然」って思ってたんだけど、歌に対する感想や意見を真面目に聞いて受け止めてる姿に感心しましたわ。

おセンチな思い出はまだまだ続く。

けど、恥ずかしくなったら削除しちゃうかも〜。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 01:56 | ゴスペル関係

おセンチなワタクシのゴスペル集

a0064865_0545539.jpg

画像は関係ないけど「血の池地獄」ね。

火曜レッスンの後、ご飯食べながら、過去のゴスペルコンサートで歌った曲の話をしてたから、ウチ帰ってコンサートのCDを聴いてみたのよね。
今まで、あんまり聴きたいとは思わなかったんだけどさ。

も〜、いろんな思い出が噴き出してきちゃったよ。

友達がいなくて、レッスンに行っても、挨拶以外、誰とも一言も話さずに帰ってきてた時期も長かったわ。
合宿や飲み会に参加して、ポツポツと友達ができて、だんだん輪が広がってったのよねぇ。
プライベートで辛い事があって、それこそ、ゴスペルの友達に支えられ、毎回、這うようにレッスンに向かってた時もあったわ。

ちょっと思い出の曲について書いちゃおうかな。

「SOMEBODY TO LOVE」は、大好きな曲で、昔から聴きながら何度も涙した曲だったのよ。
それをゴスペルで歌うなんて思ってもみなかった!
A先生がロックなRジくん用にアレンジしたらしいんだけど、弾けたソロのRジくんがイケてたなぁ。
羨ましかったわ。
私だってお風呂場でなら、小学生の頃から歌ってる曲よ〜。
とはいえ、クワイヤーは苦戦しました。
難しかった。
今でも自信ない。


「JESUS IS THE ANSWER」は、Bラッキーのソロが印象的だったわぁ。
あの声は神様からの贈り物だわね。
Bラッキー、すごく素敵なんだけど、この曲、わんこさんの結婚式でのズッコケ事件の思い出もついてきちゃうのだわ。

「LEARN ON ME」は、私がぼらちゃんに惚れちゃった曲。
すごく緊張した後ろ姿が、今でも見えるような気がするわ。
あんなに歌うまいのに、緊張するんもんなんだなぁ〜なんて思ったのよ。
ハスキーだけど、温かい湿度を感じさせる声が、この曲にマッチしてるなぁ。
丁寧な歌い方が優しくていいんだなぁ。

「JOYFUL JOYFUL」
この曲は何度も何度も歌ったなぁ。
まず、ダンス!
私はダンス隊に入りたかったけど、最初、自信がなくて言い出せなかったのよ。
ビデオ借りて、お兄ちゃんにからかわれながら家でコッソリ練習して、やっと、やりたい!って言えたのだ。
まぁ、運動神経ない私にはしんどかったけど楽しかった。
その後、カコちゃんやはたぼー、C様とも踊ったなぁ。
それからラップ。
ここのラップをやりたいって人がいて、その人の練習に付き合ってたら、なんとなく覚えちゃったんだ。
で、調子に乗って「ラップやります!」って言ってから、吐くほど後悔したんだ。
コンサートでははたぼーと組んでやりました。
あと、C様の披露宴ね。

「HAIL HOLY QUEEN」には、また思い出がたくさん。
ぼらちゃんに「最後の高音出るんじゃない?」って言われて、頑張って練習したんだよね。
パパにいちいち「あー、ビックリしたぁ!」って言われながら、家で奇声をあげてました。
そのうち、パパまで歌い出すようになっちゃったんだわ。
電話口でYうちゃんに聴いてもらって、「大丈夫!出てる出てる!」って励まして貰ったりしたわ。
これはトリトンのクリスマスコンサートで、ぼらちゃんと組んでソロを歌ったんだけど、当日、風邪ひいて声がガラガラだったんだよね。
「あんなに練習したのに、本番はこれかよー!」
って、情けなくて涙が出たわよ。
せっかく、憧れのぼらちゃんと一緒に歌えたのに…。

おセンチ・ゴスペル思い出曲集はつづく。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-25 00:54 | ゴスペル関係

歌ってすごいなぁ

a0064865_23133617.jpg

パンは3個も食べられないって、毎回思うのに、ついつい買っちゃうんだよね~。
はぁ、今日もダメ。
お持ち帰りにしよう。

食べきれないのに、たくさんパンを買ってしまうのはなぜ?
ワタクシがさみしい女だからぁ?

実はC様の結婚後、ちょっぴりおセンチなワタクシなのです。
そりゃあ、一大決心して福岡に帰ったのはわかってたけど、なんとなく、また戻ってくるような気がしてたのよねん。
え~ん、結婚しちゃったら帰って来ないじゃん。
C様が幸せなのは嬉しいけんど、やっぱりさみしい。

C様の結婚式2次会で、新郎の仕事仲間の方が、ドヤドヤと大勢で東京から押しかけてきた私達を、とても不思議そうに見ていた。
「職場が一緒とかじゃないの?」
「年齢もバラバラ?」
「お稽古事が一緒ってだけなの?」
「それで、こんなに来るって凄いよねぇ?」

うん、凄いよね。

歌って凄いよね。

私は他のお稽古事を長く続けたことはないのでわからないけど、こんなに仲良くなれたのは、私達、歌ってたからだと思うの。
歌って人柄が出るよね。
普段だったら出さない自分を、無防備に出しちゃったりしてる。
それに、歌って恥ずかしい。
はずしたり、ひっくり返ったり、自信満々になったり、自信喪失したり…。
普段だったら、適当な言い訳や作り笑いでやり過ごす事でも、歌だとバレバレ。
いろんな個性があって、いろんな仕事の人がいて、今まで付き合ったことがないタイプもいて、モメたりする事もあり、嫌な自分を見せてしまう事もあるけど、いつも、普通に受け入れてくれる人がいる。
それは、私達が歌ってるからだと思ってるの。
どんな事があっても必ず共同作業をしてしまい、一体感を味わってしまう私達なのだわ。

あ~、意味わからんね。
おセンチなワタクシの独り言になってしまいました。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-24 23:13 | 日々のこと

サヨナラ、九州

a0064865_19261130.jpg

最終日は、Nちゃん、ほり〜さんの弾丸ツアー組と合流し、新婚C様も同乗し、車で大宰府へ…。

あいにくの雨で傘買っちゃったよ。

恋みくじ引いて、縁結びの御守り買っちゃった。
「大吉」だったんよ。
おーホッホッホッ!

あ、あれ?
なんで、私とNちゃん以外の既婚者組も恋みくじ引いてんのよ〜。
も、もったいないじゃん。

梅ヶ枝餅食べて、ロバのパンのシュークリーム食べて、雨でも元気な私達。

次は波津海岸という所へ車で移動。
車中で結婚式裏話や馴れ初め、先生が泣いてただの、誰が号泣してただの、ワイワイおしゃべり。
あ〜、懐かしいC様のおしゃべり。

ぼらちゃんが、馴れ初めに興味津々で、すんげー細かい所まで聞いてたのは、単なる好奇心なんだろうか?
「だから、あんたも頑張りなさいよ。」って、私に言ってるんだろうか?
(自意識過剰?)
帰りの飛行機の中で、
「私が結婚するとしても、C様みたいに、みんなに気持ちの良い気配りは出来ないかもしれないわ〜。」
って言ったら、
「そんな心配する前に、相手を見つけなさい。」
って冷静に言われたわん。

そ、そりゃ、そうよね。

波津海岸では、お寿司食べたの〜!
凄く美味しかったの〜!
活きが良すぎて、アワビがブルンブルン動いてるのー!
ワ、ワタクシ、動いてる食物は苦手なのよ〜!
板前さんが「火を入れましょうか?」って親切に言ってくれたんだけど、私はアワアワしちゃって頭が真っ白。
「完全に殺しましょうか?って言ってるんだよ。」
と、いつもクールなNちゃんが通訳してくれました。
あんまりな表現、どうもありがとう。
C様のは動いてなかったので、交換して貰いました。
C様、大騒ぎしながらも完食。
良かった。

お寿司の後は近くの温泉に入りました。
雨の中、海を見ながら露天風呂。

地獄チームは19時55分の飛行機。
弾丸チームは21時何分かの飛行機。
大分へスケッチに行ってたほり〜さんのママも合流して、空港でお別れ。

え〜ん、さみしいよ〜!
C様と別れるのがさみしいのは当たり前なんだけど、なぜか弾丸チームと別れるのもさみしい。
すぐ会えるんだけどね。

サヨナラ、九州。
サヨナラ、C様。

末永くお幸せに。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-21 19:26 | 日々のこと

博多

a0064865_17363345.jpg

C様の披露宴後は2次会ですが、その前に、福岡のネット友達Johnnyさんと再会です。
わざわざタカクラホテルまで来て貰っちゃいました。

Johnnyさんとは3年ぶりくらいかしら?
スッキリした体型になって、お肌もきれいだし、瞳の輝き具合も健康そう。
なんだか感動してしまった!
そりゃあ、太めでも(←ごめん)男前だったけど、全然印象が違うの。
さわやか〜な感じなのよ。
水泳でメタボ脱出したんだってよー!
かっちょいー!
短い時間だったけど、お話しできて良かった。

Johnnyさんに送ってもらって2次会会場へ着きまして、新郎の職場仲間さん達といろいろおしゃべり。
そこで、ゴスペル隊は「オー・ハッピー・デイ」「トータル・プレイズ」の2曲を歌いました。

お腹いっぱいだけど、2次会後は長浜へラーメンを食べに行きました。
A先生が張り切ってみんなを先導。
(まぁ、タクシー分乗で行ったんだけど)
ゴスペル隊17人に新郎新婦、新郎の同僚など、ずらーっと並んでラーメン食べました。

はぁ〜、幸せよ〜。

クタクタに疲れてたんだけど、ホテルにでシャワー浴びたらスッキリ、ハイテンション。
しかし、ぼらちゃんは爆睡。

つまんないの〜。

とりあえず、ホテルの窓を開けて夜景を撮影。

うまく撮れなかったから、次の朝撮ったやつを載せました。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-21 17:36 | 日々のこと

地獄の夜は明けて

a0064865_16564278.jpg

土曜日、結婚式デイは、別府からレンタカーで福岡に入りました。
途中、違うところの「地獄蒸しプリン」を買いました。

あ〜、山を超えて福岡に行くのね〜。
山が近くて雄大なの。
山肌が黄砂色。

ご機嫌ご機嫌。
ぼらちゃん、運転ありがとう。

さてさて、着いたら大忙しよ。
あっという間に結婚式。

ぼらちゃんと二人旅も楽しかったけど、式場のタカクラホテルに着いたら、お馴染みのゴスペルメンバーに次々会えて嬉しかったわ。
福岡で大集合!
凄いな〜。

そりゃあ、ゴスペルメンバーどメンフィスやらニューオリンズ行ったのも凄かったけど、いやぁ〜、私達、みんなで福岡にいるよ!
それだけでハイテンション。

花嫁のC様は綺麗だったけど、とってもリラックスしていて、C様らしい和やかな披露宴でした。
新郎新婦入場では「ワンダフル・ワールド」をA先生が熱唱しました。
それが、すんごいカッコ良かったよ。
席に戻ってきた時、先生は「オレはやったぞ!」ってな満面の笑顔でした。

ゴスペル隊では、「プレイズ・ビー・トゥ・ザ・ロード」「世界にひとつだけの花」「ジョイフル・ジョイフル」を歌いました。
「ジョイフル」では花嫁C様のソロを披露。
凄く練習したんだろうなぁって感じで良かったよ〜。
先生のあたたかいガイドも良かった。
私は自信がなかったけど、C様に「やってね!」と言われてたラップ部分に挑戦。
当日までグズグズしてたけど、C様にやってと言われたらやんなきゃよね!

出番が終わったら一安心。
一安心したら、涙腺ゆるみまくり。
となりのYちゃんは披露宴始まった瞬間から涙腺ゆるんでるし、反対となりのぼらちゃんも目を真っ赤にして泣いてるけど、私はもらい泣きしちゃうから視界に入れないようにしてました。
先生が泣くのは(もう年だから)仕方ないにしても、意外な人が号泣しててビックリ!?
あんた、新婦のなんなのさ!?
後から大笑いしたけど、心温まる出来事でもあったわ。

披露宴の写真は、携帯じゃうまく撮れなかったの。
[PR]

by jarakoroko | 2008-01-21 16:56 | 日々のこと