<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

長かった…

a0064865_11455778.jpg

昨年末からずっと作りかけだったネックレス、やっと完成しました。

難しくて時間がかかったんじゃないの。
単純作業過ぎて、飽きちゃってたのよ。
ビーズも皿に盛ったまま棚にポンと置いてて、地震のとき、よく無事だったなぁと思った。

はぁ、長かったなぁ。

いや、長めのものを作ろうとは思ってたんだけど、長すぎたみたい。
結わくか二重にするかって感じね。

作ってないと感覚が鈍るわね。



 -*-*-*-*-*-*-*-
第12回ゴスペル東京
チャリティーコンサート
2011年5月28日(土)
午後2時開演
なかのZEROホール
http://gtcc.web.fc2.com/ (PC)
http://gtcc.m.web.fc2.com/ (携帯)
 -*-*-*-*-*-*-*-
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-31 11:45 | 手作り

I'm coming home

ご心配おかけしましたが、お陰さまで、19日に水道は復旧しました。
まだまだ、市内では水道が出ないところもあり、下水道はまだ不安定のようですが、だいぶん通常の生活に戻ってきています。
ありがとうございます。

宇宙戦争のトライポットが出てきちゃったあとみたいな地面の割れも、どんどん埋められてきています。
まぁ、沈んじゃったところはそのまんまだけどね。

市外からスコップ担いだボランティアさんが多数来てくれて、あちこちの砂を掻き出してくれたようです。
ありがたいことですね。
そういう人々を見ていると、自分が直面している不便さばかりにとらわれていたような気もします。
もっと大変な人々がたくさんいるのにね。

計画停電など、何かと不便なことはあるけど、通常の生活に戻ると、その他の現実的なことが頭をめぐるようになる。

人生の荒波が押し寄せ、まだまだ、私の足元は揺れている。




 -*-*-*-*-*-*-*-
第12回ゴスペル東京
チャリティーコンサート
2011年5月28日(土)
午後2時開演
なかのZEROホール
http://gtcc.web.fc2.com/ (PC)
http://gtcc.m.web.fc2.com/ (携帯)
 -*-*-*-*-*-*-*-
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-21 23:56 | 日々のこと

そして脱出

月曜日になれば、皆さん、お仕事に行かなければなりません。
もちろん、土曜日も日曜日もお仕事な人はいたんだけど…。
(私も…。)

計画停電の引き起こす無計画な状況で、あちこちのパニック寸前。
ほいで、電車は止まってたりするわけだけど、行かねばならない人たちはたくさんいる。

自転車通勤の私も。
電車通勤のお姉ちゃんも。

「今晩から18日までホテルに泊まることにした!ひろちゃんはどうする?」

へ?ホテル?
そ、そんなことってあり?

ここ4日くらい、絶対に行かねばならぬ仕事があるらしく、会社の近くにホテルとることにしたんだって。

ワタクシ、月曜日は仕事、火、水曜日は休み、木曜日は仕事。
そして、木曜日は水道が復旧するかもしれない17日ざんす。

とりあえず、14日の夜から17日の朝まで水道の心配しなくて済むわけだ。

お風呂も入れる!
ホテル代はお姉ちゃんが出してくれるという。

はぁ、なんて幸運。
金曜日からお風呂に入ってなくて、月曜日は我慢するとしても、木曜日の仕事の日までには1回くらいお風呂入りたいと思ってたのよ。
やっぱ、1週間風呂入ってない店員ってどうかと思うでしょ。

よし!そうしよう!
ちょっと贅沢な気もするけど、いいんだわ!
いいのよ!

「じゃあ、東銀座でね!」
私は自転車でクロスカントリー的な道を進み、お姉ちゃんは運動靴をはいて歩く気満々。
(液状化の残骸)砂ぼこりの中で別れる私たち。

店について開店準備をしていたら、ショッピングセンターがやっぱり営業無理ってことになった。
1時間で、また砂ぼこりの中、ウチに帰る私。

あー、ショッピングセンターのトイレで大きい方しときたかったのになぁ。

家でお弁当を食べ、録画したユチョンのドラマを見直して、荷造りをする。

京葉線は止まってるけど、東西線は動いてるから東銀座までは行けるわ。

さぁ、脱出よー!
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-17 09:28 | 日々のこと

Keep on 断水ing

断水、地震の次の日だったか、17日復旧を目指してると市内の放送で言ってた。

17日かぁ〜。
長いなぁ。
トイレに流す風呂の残り湯はもたないなぁ。
給水はあるけど、たくさんはもらえないしなぁ。

お風呂にも入れないし、洗濯もできない。
仕事に行くとなったら、お風呂入らないでいていいんだろうか。

市外の銭湯に行くにしても、電車の運行は不安定。
電車が動かないと陸の孤島だよん。

とにかくとにかく、水が出ないって不便。
いちいち、いちいち、あ、水が出ないんだ!って思う。

ガスと電気は大丈夫だったので、残ってた卵やお肉を、腐らないうちにと思って料理して食べたが、皿や鍋を洗ったりはできない。
キッチンペーパーで拭いて、ちょっとだけ水を使ってすすいでおしまい。

停電するかもしれないから、とにかくご飯炊いておこう。
う〜ん、お米研ぐのは1回でいいっすか?

食べ物がないわけじゃないけど、水を使わず食べられるものがほとんどない。

トイレはなるべくお姉ちゃんと続けてすませて、まとめて水を流す。

脱水症状になるといけないから水分はとらなきゃ。
でも、トイレが近くなりすぎても困る。
トイレは我慢しちゃいけないのよ!

わかってるわよん!
わかってるわよん!

日曜日は仕事先から全員集合がかかった。
ぐちゃぐちゃになったお店の掃除を全員でするとのこと。

なぜか、ショッピングセンターは水が出る。
トイレも流れる。
「私は絶対ここで大きい方をしなくては!」
って意気込んでたのに、忙しくて全くもようしない。

店の掃除が終わったら、もうくたくただったけど、とにかく買い物してかなきゃ。

スーパーには、いつもの通り豊富に野菜があり、魚があり、肉もある。
頭の中でいろいろ組み立ててみても、水を使わずに調理できるものが浮かばない。

出来合いのお惣菜があるから、それでいいか。
(美味しくなさそうだけど…)

水とかインスタント食品は売り切れ。
冷凍食品売場にはお菓子しかない。
トイレットペーパーやウェットティッシューもない。

あ、いちご風味の食パンが残ってたので買った。
牛乳はなし。

「結構、夕飯豪華じゃん。」
とお姉ちゃん。
まぁ、そうね。
出来合いのサラダと豆腐ハンバーグ。

夕飯食べたら、疲れて眠たくなっちゃった。
あ、ユチョンのドラマ見なきゃ!

あぁ、ユチョ〜ン!
ユチョ〜ン!

毎日、東方神起を見ながら聴きながら、能天気に歌い踊ってた日々が懐かしいわ。
あぁ、なんでこんなことになってしまったの。

「ひろちゃん、何やってるの?体操してるの?」

違うわ!
今、脳内「Ride on」でダンシング。

ま、別に音楽かけてもいいんだけどね。

ちなみに、水道復旧は17日には無理だと、市からメールが来ました。

断水は続く。
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-16 22:48 | 日々のこと

地震の日の覚え書き(面白く書く余裕なしです)

大きな鏡がバターンと倒れてガラス棚を直撃。
「とにかく靴はいたほうがいいですよ!」
と試着室のカーテンごと抱きかかえてたお客様に声かけた。
「あ、まずコレ脱がなきゃ!」
「それよりか靴はかないと…。」

「いや、こんな松の廊下状態じゃ逃げらんないしね。」
と先輩店員さんが言う。
そりゃそうだ。
裾上げを見てたとこだったんだ。

すんごい揺れの間、はっきりと覚えてないけど、お客様、お着替え終了。
靴もはいた。

しばらくしてから外に避難。
ねらわれた学園みたいな曇り空をバックに、ガラス張りのショッピングセンターがゆらゆら揺れてる。

とうとう、この日が来てしまったんだ。
あぁ、死ぬかもしれない。
津波にのみ込まれるかもしれない。
都心と断絶されて沈んでいくかもしれない。

1時間以上寒い外で待機して、荷物を取りに一度ショッピングセンター内に戻ったけど、危ないから追い立てられるように外に出された。
ショッピングセンター内は、いろんなものが倒れ、散乱して、あちこちに水たまりがあった。

そして解散。

「もし、家まで帰れないようだったら、ウチに来てくださいね。」
と先輩店員さんに家の所在を教える。
とにかく家に帰らなきゃ。

いつものほほんと自転車をこいでる道が、なんじゃこりゃあ!ってほどボコボコ。
亀裂が入り、変な色した水たまりができ、変な湧水があり…。
ハリウッドのパニック映画みたい。
この道は、ちゃんと自分んちまで続いているんだろうか?

マンションの敷地内に入ったら、思い過ごしなんだけど、人の気配を感じない。
恐る恐る玄関を開けると、花瓶と額縁の絵が落ちてた。
家の中は、電気が落ちて割れてたけど、他は大丈夫。
もちろん、いろんなものが落ちてはいたけど、家具が倒れたりはしてなかった。
地震対策の突っ張り棒みたいのが役にたったのかな?
台所の棚もリフォームしたときに、地震時にストッパーがかかるようなのにしたんだった。

とりあえず、落ちてた花瓶と花を拾い上げて、濡れた床を拭いた。
花を生け直そうとしたら水が出ない。

しばらく座って茫然。

そして、避難用リュックを二人分出し、一番暖かそうなお姉ちゃんのサッカー観戦用のコートを出しておく。
いつものお買い物バッグに思いつく限りのものを詰め込む。
お、重すぎ…。
荷物見直し。

ああ、テレビを付けるのも忘れてた。

震源地は東北で、ここは震度5強なんだって。
確か、今までの人生で一度だけ震度5を経験したことがあったはずだけど、こんなにひどくなかったような気がする。

家族には誰にも電話は繋がらない。

ふう…。
食欲ないけど食べとかないと。
(何食べたか覚えてない。)

mixiとTwitterを見ながら、友達と近況報告をしあって少し気分が和らぐ。
何人かの友達からメールがくる。

お姉ちゃんから電話があり、ママやもうひとりのお姉ちゃんの無事を聞く。

歩いて帰るくらいの勢いの姉に、
「こっちは断水してるし、また地震があったら絶対こっちのほうが危ないから、帰って来ないほうがいいよ。」
と言う。
会社に泊まれるなら泊まったほうがいいし、歩いて帰るのはシンドイし危険よぉ。

はぁ、しかし、この余震の中、ひとりかぁ。
心細いもんだなぁ。
生きるか死ぬかの人がたくさんいる中、全然ラッキーなワタクシだけど、それでも不安なもんだよなぁ。

いつでも逃げられるようにと洋服着たままだったけど、くたびれてきたから寝間着に着替えて、お布団敷いて横になる。

この後は、うとうとしては揺れて、
うとうとしては緊急地震警報がなって、テーブルの下に入って、
うとうとしてはまた揺れて…。
何故かニット帽被ったりして…。

それを何回繰り返したかわからない。

トイレは帰ってきてから2回行って、お風呂の水を流した。
水はお風呂の残り湯と、非常用に入れて置いたのがある。
飲み水は避難リュックに少しある。
アクエリアスとジュースと、オマケにつられて買ったペプシもある。

大丈夫かな。

まぁ、この時点では断水が何日も続くとは思っていなかったのであるが…。

なぜだろ。
朝になって、日が昇れば一安心って、何の根拠もなく思ってたわ。

朝、簡易トイレを配るとマンションの放送があった。
ご近所さんと笑顔でご挨拶をして、水を貰える場所も教えてもらった。

台所のストッパーのかかったら棚を開けたらタッパが降ってきた。
ひえ〜、危ない。
何か水入れるものはぁ…。

麦茶の瓶を3本持って列に並ぶ。
皆さんはおっきなタンクを持ってきてるなぁ。
う〜ん、3本で約3リットル。
少ないかな?
でも、まぁ、いまんとこ一人だし、トイレ用は風呂の残り湯がまだあるし、大丈夫よね。

お姉ちゃんから電話があり、昨晩、東西線が動いたので行徳にある会社の人んちに泊まったそうだ。
(メールも来てたけど朝方受信した)
これからうちに戻ってくるとのこと。

なぜか、ワタクシ、部屋の掃除を始める。

意外と早くお姉ちゃん帰宅。
行徳の人から自転車借りて帰ってきたらしい。
行徳のほうは水もガスも電気も大丈夫で、被害もあまりなく平和な感じだったらしい。
道もきれいだったのに、ウチに近づいてきたらいきなりボコボコになってたんだって。

あぁ、そうよね、埋立地。

「会社は全然平気だったから、会社にいれば安心かなぁと思ったんだけど、なんか、こんなことになってきちゃったら、やっぱり、ひろちゃんと一緒にいたいと思ったのよねー!」

あぁ、おねぇ〜たまぁ〜!
ひろちゃん、ひとりで不安だったのよぉ〜!
余震が何度もあって怖かったよね!

「そうらしいね、私、爆睡してて気づかなかった。」
さすが、私の友達から最強と呼ばれているお姉ちゃんだわ。

私は寝不足で頭が痛いから寝るわ。
おやすみなさい。

「ひろちゃ〜ん、お腹すいた。」
あ、そうよね、ハイハイ。
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-16 10:57 | 日々のこと

ジェジュンかテリーか

a0064865_13423426.jpg

今、生きてるヴォーカリストの中でジェジュンが一番好きかなぁ?
う〜ん、テレンス・トレント・ダービー(サナンダ・マイトルーヤ)も好きなんだけど、何となく私の中で過去の人になりつつある。

ごめん、テリー。
今はやっぱりジェジュンが一番好きかも。

テレンス・トレント・ダービーは見た目も好きで、顔も好みのタイプ。
初めて「ウィシング・ウェル」のPVを見たとき、パフォーマンスのカッコ良さに心を奪われてしまった。
歌のうまさも声も(私にとっては)完璧なんだが、どうも楽曲にばらつきがあるような気がする。
ソウルの名曲を歌わせたら天下一品だと思うんだけど、自作の曲は、う〜んと、アーティスティック過ぎるかも。
良い曲もたくさんあるんだけどね。

ジェジュンは、見た目は全くタイプじゃなくて、どっちかって言うと嫌いだった。
高めのナヨっちい声も好きじゃなかったし、歌もたいしてうまいとは思ってなかった。
東方神起に好感を持ち始めた頃も、
「こいつがいなけりゃ、東方神起ってもっとイメージが良かったんじゃないの?」
なんて言ってたんだよね。

でも、だんだんとジェジュンの歌に魅了されてしまったんだわ。

美しいロングトーン、意外と男っぽい中音域。
ロックバラードではザラついた唸りやコブシを入れ、ポップな曲では明るいさわやかな歌いっぷり。
派手なフェイクも地味に決めるフェイクもうまい!

そして、ジェジュンの声が持つエネルギーと温度が、私にとっては心地良い。

ジェジュン(や東方神起)を好きになることって私にとっては大事件!
だって、私の中にある、ある程度固まっていた好みのタイプを覆してしまったんだもん。
ホント、声も姿も全く好きなタイプじゃなく、嫌いに近かったのに、歌を聴いてるうちにこんなに好きになっちゃうなんて!
ワタクシ、歌がうまけりゃ誰でも好きになるってわけじゃないのよー!
一体、ジェジュンの何が私の心をこんなにも掴んで離さないのかしらね。

ジェジュン以外の東方神起のメンバーも、今となっては全員好きで、それぞれ良いところがあるんだけど、ジェジュンの声のフィット感とはまた別だ。

それは、テレンス・トレント・ダービーの声が好きってのとも違う。
テリーの声は、もっと胸騒ぎのする声で、遠い遠い場所にいて、大きな孤独の中に突き落とされた気持ちになったりする。

ジェジュンの声は、昔から知っていたような懐かしい温かい声。

もしジェジュンに会うことがあって、言葉をかわすことがあったら幸せな気分だろうなぁ。

もしテリーに会うことがあったら、私は失神するか泣き崩れるかもしれない。

やっぱりテリーのほうが好きなのかな?


 -*-*-*-*-*-*-*-
第12回ゴスペル東京
チャリティーコンサート
2011年5月28日(土)
午後2時開演
なかのZEROホール
http://gtcc.web.fc2.com/ (PC)
http://gtcc.m.web.fc2.com/ (携帯)
 -*-*-*-*-*-*-*-
[PR]

by jarakoroko | 2011-03-06 13:42 | 音楽