<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マーティーとEXO騒動

ちょっと面白いことがあったので報告。

昨晩、マーティー・フリードマンと一青窈が司会をしているNHKBS1の番組で、今大人気のEXOが紹介された。
各国で売れに売れてる韓国のアイドルグループEXOであるが、日本のテレビで紹介されることはあまりない。
だから、EXOファンの皆様はすんごーく期待してたみたいなんだよね。
でも放送では、「ウルフ」のPV流しながら、韓国のタレント(H.O.Tのムン・ヒジュンさん)が簡単な紹介をして、司会の2人が感想を言っただけの軽い扱い。

まぁ、それがガッカリだったってのもあるんだろうけど、放送直後ツイッターを見てたら、マーティーがEXOを「こいつら」呼ばわりした!ってファンの皆さんが怒ってたの。
表現はそれぞれだけど、
「世界で大活躍しているEXOをこいつら呼ばわりするなんて、このクルクルパーマのおっさん、何様?」
ってな反応だったのだ。

もちろん、ツイッター上では、
「EXOファンってマーティーのこと知らないんだ⁈」
「デビューして1年くらいの新人が、マーティー・フリードマンからこいつらって言われても構わないでしょ」
「マーティー・フリードマンは世界的に有名なギタリストなんですよー」
ってコメントもたくさんありました。

まぁ、世代的にもジャンル的にも、EXOのファンたちがマーティー・フリードマンを知らないのは仕方ないんだけど、
あららって思うのは、マーティーはEXOに対して好意的なコメントをしてるんだよね。

前奏部分で「ワオ!カッコいい、これ」って言ってる時点で、あ、好きなんだなって思った。
そして、ダンスパフォーマンスについて、
「KPOPはみんながマネできるような振り付けがあるのに、こいつらのは無理じゃないですか」
それから、一青窈さんがシルクドソレイユみたい、振付師の力が凄いと言って、
「素晴らしい。舌を巻いた」
ってマーティーが言ったんだよね。

私は番組観てて単純に嬉しかったし、ロックファンでEXOファンの人たちは、
「EXOがマーティーに評価されてる!」って大興奮で大喜びだったのだ。

でも、EXOファンたちは「こいつら」呼ばわりが許せなかったらしい。
それで、ツイッター上で大騒ぎ。
観てなかったファンまで「許せない」と大騒ぎ。
あのおっさん誰だよ!と大騒ぎ。
ごめん、読んでてちょっと面白くなっちゃった。

まぁ、こいつらじゃなくて、こちらの方々とか言えば良かったのかもしれない。
でも、マーティーが誰かって問題ではなく、それが近所のおっさんだったとしても、言葉遣いが悪かったとしても、その言葉に込められた好意は感じとれるはずなのに。
喜んでいいところなのに怒ってるなんてもったいない。

ただ、これが今の世の中なのかなぁ?ってしみじみ感じた。
本質的なことより、あげ足をとることばかりに夢中になってる。
幸せや喜びよりも、怒りの種を探している。
「かわいいぜ!畜生!」が悪口になる。

そう言えば、以前、マーティーが東方神起のことをコラムに書いたら、それを見た外国人の東方神起ファンが、
「あのマーティー・フリードマンが東方神起を褒めてる!東方神起ってやっぱり凄い!」
って喜んでた。
別に、マーティーが褒めたからって凄いわけじゃないけど、好きなアーティストが褒められてたら単純に嬉しいもんだよね。

多分、EXOのメンバーは、マーティー・フリードマンが日本のテレビ番組で自分たちに好意的なコメントしたって知ったら大喜びすると思う。
世界的に有名な大先輩にこいつら呼ばわりされても気にしないと思う。
(かえって嬉しいと思う、親しげで)
だのに、なぜ、ファンは、
いやいや、いっか。

EXOくんたちに、変な風に伝わりませんように。

ま、こんなことがありました。
[PR]

by jarakoroko | 2014-03-29 13:53