ドレスコードはロック(だそうで…) その3

★ガールズバンド系

a0064865_434238.jpg

↑ 当時はとてもキュートだったゴーゴーズ。
彼女たちのファッションを今マネするのは危険です。
妙なオバサンになります。
忘年会の出し物にとっておきましょう。

a0064865_4373949.jpg

↑ 甘酸っぱいヒット曲のわりには骨太な感じのするバングルス。
全身の写真が見つからなかったけど、たぶん、ミニスカートかスパッツです。
80年代っぽくボリュームを出したヘアスタイルと、くっきりアイライン、くっきりはっきりの口紅。
口紅は唇より少し大きめに描いてるはず。
左から2番目の子みたいに三つ編みほどいたヨレヨレにすると可愛いかも。
(よくやってました)

a0064865_4462658.jpg

↑ さらにハードになるとヴィクセンです。
これをそのままやると家族に泣かれると思うので、
取り入れるとしたら、最近はやりのスタッズ付きの手袋やリストバンド。
ビスチェがオッケーなら、上に短めのGジャンを羽織って、胸元は紫系のスカーフで隠しておきましょう。
髪に段がはいってる人ならスプレーやワックスつかって盛り上げてみましょう。

a0064865_4552872.png

↑ 参考のためにランナウェイズ。
下着姿での参戦は怖いのでやめましょう。

つづく
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 04:59 | 音楽

ドレスコードはロック(だそうで…) その2

★70年代ヒラヒラ系
a0064865_4172676.jpg
a0064865_4171012.jpg

↑ ハートはデビュー当時はジプシーがコンセプトだったらしく、時代がかったドレスの衣装が多いです。
このドレスを調達するのは難しいので、ヨーロピアン柄のロングスカートとレースのブラウスに大きめのアンティーク調のチョーカーやネックレスを付けるといいかも。
ゴスロリみたいにならないように色味の綺麗なものをいれましょう。
メイクはナチュラルで。

a0064865_4245280.jpg
a0064865_4243562.jpg

↑ ヒラヒラ衣装といえばスティーヴィー・ニックスです。
胸元があいたスリップドレスに仰々しいストールを巻くと雰囲気がでます。
ポイントは白のロングブーツ。
メイクはチークを子供っぽくほんわか赤めに入れましょう。

つづく
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 04:32 | 音楽

ドレスコードはロック(だそうで…) その1

なんでも、ジェジュンさんがツイッターで「コンサートのドレスコードはロック」と呟いたそうで、着ていく服に悩む人が続出しているみたいです。
ロックと言っても年代や趣味によって、何をロックと思うかはいろいろです。
でまた、ロックファッションというのも曖昧なもんで、ファッション雑誌に紹介されているロックテイストのスタイリングを見ても、はて?って思うこともある。
なので、ちょっくら参考になりそうなものを紹介します。
(真面目に参考にはしないように)

★姐御系
a0064865_349278.jpg
a0064865_3485156.jpg

↑ プリテンダーズのクリッシー・ハインド姐さん。
あれこれ考えすぎずにシンプル行きましょう。
ヒョウ柄のスリムパンツがはければ、あとはピッタリ系のタンクトップでオッケイです。
イカしたブーツがあれば、デニムパンツとタンクトップと適当なスカーフを合わせましょう。

a0064865_45234.jpg
a0064865_44437.jpg

↑ ジョーン・ジェット姐さん。
クリッシーとテイストは似てますが、革パンに挑戦しましょう。
リストバンドやゴツめのアクセサリーをプラス。
差し色に赤を入れると尖った感じになります。
目のまわりは黒いアイラインをぐるぐる塗ります。

つづく
[PR]

# by jarakoroko | 2013-06-06 04:14 | 音楽

ゴスペル東京チャリティーコンサート、ご来場ありがとうございました

a0064865_9554921.jpg

5月25日のゴスペル東京チャリティーコンサートにご来場いただきありがとうございました。
たくさんのお客様に来ていただいて感激しました。

私は2年ぶりの出演だったので、14曲歌うのがかなりしんどかったです。
練習を始めると、意外と声はでるもんだと思ったけど、最初は体力が続きませんでした。
歌うのって、こんなに体力使うのね。
家やカラオケでふにゃふにゃ歌うのとは違うんだわ。
それをずっとやってて、そしてそれをこの2年間やってなかったって、恐ろしくなってきました。

ちゃんとレッスンに復帰して、来年もコンサートに出演できるように頑張ります。
来年もよろしくね!

写真は舞台設営中です。
Sちゃん先生を隠し撮りしたみたいになっちゃった。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-05-31 09:55

脳みそと腹筋を使うのだ!

a0064865_1533833.jpg

コンサートまであと10日!
昔やった曲は歌詞をだんだん思い出してきたけど、新しい曲はむにゃむにゃ〜です。

最近、まともに歌ってなかったので、ちゃんと歌うとしんどいです。
昔はジムの指導員さんに「なんで腹筋だけしっかりしてるの?」不思議がられたもんですが、今ははすっかり衰えてますわ。
それに歌詞を覚えるのが本当にしんどい。
今回はノリノリの曲が多いので、むにゃむにゃなところはノリでカバーします。
いや!ちゃんと覚えます!

がんばろー!

第14回ゴスペル東京チャリティーコンサート
5月25日(土) なかのZERO大ホール
13時30分開場、14時開演
前売り当日共に1000円です。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-05-15 01:53

第14回ゴスペル東京チャリティーコンサート

a0064865_132913.jpg

2年くらいお休みしてましたゴスペルですが、亡くなった友達のことで考えるところもあり、今回、コンサートに出演することにしました。

第14回ゴスペル東京チャリティーコンサート
5月25日(土)
13時30分開場
14時開演
なかのZERO大ホール

チケットは前売りも当日も同じ1000円ですが、わたくしから前売りチケット買ってくださると助かりまーす。
連絡くださいませ〜。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-05-13 01:32

思い出のアルバム

a0064865_04888.jpg

ゴスペル東京でのHiromiくんの存在を、ご家族の方に感じてもらいたいと思いつき、
思い出のボードを作ろうと皆さんに声かけたはいいけど、体調崩したり、引っ越ししたりで、ほとんど人任せにしてしまった。

あー!私っていつも口だけで行動が伴わないのよね。

いろんなことを思いついたり、こーしたい、あーしたい!ってのを言うだけ言って、準備してくれるのは、いつも周りの人。
そう、Hiromiくんもいつも口だけの私をフォローしてくれた。

今回も私が言い出しただけで、実質何もしてません。
せめて作業の役には立ちたいと思って、ウチでアルバム作り(ボードじゃなくてアルバムにしたの)をすることになった。

編集のプロとハサミの魔術師がいるので、結局、私はあんまり役にたたなかったけど、ダンボールの奥底から出てきたシールやファンシーテープが役にたったわ。

写真とは別にみんなに書いてもらったメッセージをスクラップブックに貼った。
パンダ、ペンギン、ユチョンのメモ紙、自前のかわいい紙に書いてくれた人もいる。
ユチョンにふきだしをつけて「愛してるよ」なんて言わせてるのもあった。

この1ヶ月、ゴスペル友達と接するのが怖かった。
言葉をかけてあげなきゃいけないって思いつつ、その事に触れるのもためらわれた。
こんな事を思ってはいけないんだけど、彼女への追悼がお祭り騒ぎのように見えて辛かった。
(今はそんなこと思ってませんからね)
たくさんの人々に愛されて惜しまれて旅立ってしまったHiromiくんと、一緒に出かけたり、ご飯食べたり、おしゃべりしてたHiromiくんは別の人に感じる。
まだ全然受け止められてないんだろうか。

泣きたいような泣けないような、そんな気分のまま大忙しの毎日で、体も心も疲れていくだけ。
どんどん、どんどん、エネルギーが減っていってる。

ウチで作業してもらうことに決めて、お誘いのメールをしたら、
「1ヶ月たって、そろそろ誰かと話したかった」
と返事がきた。
それぞれ、この1ヶ月間を過ごしてきたけれど、みんな、同じような気持ちだったのかな。

引っ越したばかりの新しい居間に、お馴染みのメンバーが集まって、なんだかんだと明るくおしゃべりしながらのアルバム制作。
これで私たちの気持ちも少しずつでも整理できるのかな。
まだまだ無理なのかな……。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-05-13 00:04

今日は東方神起

a0064865_12193782.jpg

今日は、亡くなった友達と行くはずだった東方神起のコンサートです。
代わりに参戦してくれるのは、東方神起にはちっとも興味がない別の友達なんだけど……。
以前は3人でよく会って話したりしていたけど、私がゴスペル隊を抜けてしまってから、会う機会がなくなってしまった。
3人で会おうとか、温泉に行こうとか、そんな話をしていたけど、いつか…って感じで実現に至らなかったまま。
だから、なんだかつい誘ってしまった。

今日は3人でのお出かけだと思って行ってくる!
彼女にも赤いペンライトを振らせるぞ!
[PR]

# by jarakoroko | 2013-04-29 12:19

リハビリ

引っ越しの準備で、天袋の奥に押し込まれてた数々の思い出に対面した。
その中にたくさんの手紙があって、ほとんどが郵便物ではなくて、高校時代、レポート用紙かなにかに書いてくれたもの。
コンパクトにかわいく折り畳んである。
学校で毎日会うのに、更に手紙を書いて渡してたって、今考えるとスゴいなぁ。
でも、あの頃は学校でおしゃべりするだけでは足りなかったんだよね。

若いってことはこういう事だったのか、10代から20代の私は、表現すること、創作すること、そしてコミュニケーションに一生懸命だった。

ここ何年かくらい、私の文章力が悲しいくらい衰えてる。
簡単なメールの返事も何度も何度も書き直す。
ブログの更新もなかなか出来ない。
やらなければいけないことではないけど、書きたいことがあって、途中まで書いてるのに完成できないのだよ。

だから、これもちゃんと文章が書けるかわからないけど、書いていかないと、書けなくなってしまうので、リハビリのつもりで頑張る。

先日、Twitterをやめた。
やめようと思った直接的な原因はあるけど、そのことから急にいろいろなことを考えてやめることにした。
Twitterって不思議なんだけど、全世界に公開されてるのに、それを見たことが、覗き見してしまったような罪悪感がある。
でも、きっと私が見ても誰が見てもかまわないと思うから公開して書いているんだろうしなぁ。
渦巻く感情はいろいろだけど、知ることができて良かったと思おう。

友達の告別式で、久しぶりのゴスペル隊員さんたちに会った。
60人くらい、ほとんどのメンバーが集まった。
突然の別れで、みんなやるせない顔をしていた。

彼女が亡くなったと聞いたとき、自分もショックだったけど、ショックを受けて悲しむ他の友達が心配になってきた。
泣いてる姿が目に見えるようだった。
そして、本当に泣いてる彼女たちをみて、久しぶりに生身の友達に触れたような気がした。
携帯やPCの画面の上の文字ではなく。

ここ数年、体調や仕事や生活の変化で、ほとんど引きこもりのような状態だった。
そんなとき、ネットとその向こうの方々にはとてもお世話になった。
ウツウツとした私の自分勝手な呟きによく付き合ってくれた。
ネットといっても、ほとんどが実際の友達で、怖くて電車に乗れないとか、音が大きいところは気持ち悪くて行けないとか言って、近場に呼び出したり、家に遊びにきてもらったりもした。
おかげさまで、今はもう引きこもり状態ではなくなった。

Twitterをやめようと思ったのは、字数制限のある中で、自分の気持ちや考えを書いていくとぶっきらぼうになってしまうような気がしたから。
そこに私の人間性が読み取れるのかどうかはわからないし、悪く解釈されることもある。
そのことで批難されるとしたら、それは自業自得だからかまわない。
でも、それで批難する立場になっちゃった人には申し訳ないと思う。
ここで申し訳ないと言っても伝わらないだろうけど。

そう、伝わらないのだな。
伝わると思っていたことが、意外と伝わらないってこともわかった。

そして、私の中でも自分自身のことが伝わりきれてないような気がしてきた。
センチメンタルになるような余裕がなくなってて、全てを煩わしいと思ってしまうような感じ。

そうじゃないのに。

30年以上暮らしたマンションから引っ越すことになって、姉と二人でご近所さんにご挨拶してまわったとき、母のことを聞かれた。
「もう帰ってこれなくなった」
って姉の言葉を聞きながら、本当に引っ越して良かったんだろうかって考えた。
この選択にはいろいろな理由があるから、間違っているとは思わないけど、ママが帰ってくる場所がなくなってしまったような、それが、悲しい。
でも、悲しいなんて、悲しんでるヒマはない。

話があっちこっち行ってすみません。

結局、中途半端ですが、今日はここまで。
がんばって仕事にいかないと。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-04-22 09:59

タイトルは考えつかない

4月3日、行くはずだったJYJのコンサートの日に、Hiromiくんは亡くなってしまいました。
突然だったし、まだ、現実味がなくて、信じられてなくて、映画やドラマのストーリーをなぞっているような気分です。
JYJのコンサートの日に、大好きなユチョンに会えずにっていうのも、ドラマチックでウソみたいです。

彼女がゴスペル東京に入ったのは6、7年前かな?
私が「Friend of God」のソロを歌った年だと思います。
トミーさんが練習会で仲良くなった新人仲間と紹介してくれたのが最初。
その後、たまたま練習前に時間潰してる時に会って、ご飯食べながらおしゃべりをして、
イベントやライヴに誘ったりして、
そういうイベントに一緒に行くようになって、
プライベートでも遊ぶようになって、
どんどん仲良くなっていって、
一緒に東方神起にハマって、
近いところに引越してきて、
最近ではウチの台所のどこに何があるかも把握してて、
なんだか、姉妹が増えたような感じで、ウチの居間でお姉ちゃんとビール飲んでました。

思い出はたくさんあるけど、それを思い出と言うほど遠くは感じられなくて、まだまだ続くものだと思ってしまう。

ウチの引っ越しには当然のように駆り出され、私ら姉妹の罵声が飛び交う中、Hiromiくんはニコニコしながらせっせと荷物を片付けてるはずだった。
Hiromiが作った引っ越し蕎麦を食べながら、JYJのコンサートでのユチョンはあーだったこーだったって、ユチョン嫌いのお姉ちゃんの悪態にも、
ニコニコしながら「でも、ユチョン、かわいかったですよ」ってささやかに反論したり。
「ジェジュン、歌うまかったね」って言ってくれたり。

新しい居間で、一緒にひたちなかのDVDを見ながら、東方神起とJYJの現状と未来をあれやこれや、飽きもせず語り合うはずだった。

シネコンのポイントを貯めて、タダで映画を観る計画だった。

私はジェジュンの誕生日会なんて1度もやったことないのに、今年もHiromiくんはユチョンの誕生日会を開くはず。

毎年、今年こそは!って言ってた「呪文」を忘年会で披露するはずだった。

あー、考えてたら辛くなってくるか……。

たくさん会って、たくさん話したけど、彼女の病気の話は出なかった。
血圧が高いから薬を飲んでるって言ってたのは、血圧じゃなかったのかもって、今さら思う。

ジェジュンやユチョンの心配よりも、もっと心配なことがあったのにね。
でも、そんなことより東方神起、JYJの歌を聴ければ幸せなんだよねなんて話……、う〜ん、私が一方的にしてたかも。

悔やまれることはあるし、Hiromiくんは辛くて苦しかっただろうし、思い残すこともあっただろう。
私ももっと彼女のためにしてあげることがあったと思う。
彼女の心の声に気づけなかったのだろうかと後悔もする。
私はホント自分のことしか考えてないバカだなぁと思う。

でも、これから襲ってくる喪失感や悲しみや寂しさとは別にして、なんとなく納得できるのは、Hiromiくんは楽しかったんだと思う。

私たちと過ごした時間は楽しかったんだと思う。

みんな、それぞれ悔やんでる気持ちがあると思う。
自分を責めてしまうかもしれないけど、そんな必要はないと思うよ。
だって、Hiromiくんは私たちと一緒に時間を過ごして楽しかったんだもん。
私たちもHiromiくんと過ごして楽しかったんだしさ。
[PR]

# by jarakoroko | 2013-04-08 11:21