ロックだなぁ

最近楽しみにしてるのは、韓国の音楽番組「不朽の名曲」です。
伝説と言われる有名な作曲家や歌手の曲を、プロの歌手たちがそれぞれの解釈とアレンジで歌うという番組です。
一応、勝敗があるんだけど、まぁ、そんなことはどうでもいい感じです。
シャイニーのテミンくんが出演してるっていうから見るようになったんだけど、もう、テミンくんは出でないのです。
テミン以外の歌手は、多分、いくぶん年がいってて、実力派と言われる人たちなんじゃないかなぁって思う。
みなさん、歌はうまいです。
でも、R&Bよりの人が多くて、私好みの人はあまりいないのよ。

いいなと思ったのは、ロックバンドのNo Brainと若い女性歌手のAileeちゃん。
Aileeは多分アメリカ育ちとかだと思うのよね。
歌い方や発声が韓国人っぽくない。
見事なまでにでかい声でうたいまくる。
No Brainは、イメージ的にはブルーハーツみたいな感じ。
歌も演奏もうまくはないけど、熱さと音楽好きならではのユーモアを感じる。

テミンが出てないから、もう録画しなくていいかなって思ったんだけど、
一応、この2組のパフォーマンスを録画して見てます。

先日、放送してた「不朽の名曲」を見てて、すごく引き込まれた歌があったの。
ホン・ギョンミンという人で、今まで何度もこの番組で歌を聴いてるんだけど、
ちっともいいとは思わなかったのよね。
でも、この前のはすごく良かった。
この人、ロック歌手なんだなって、初めてわかった。

ロック風にアレンジするのは、多分、何かルールにのっかってやれば、それらしいものができるんだと思う。
ロックを歌うにしても、ロックっぽく歌うポイントっていうのがあると思う。
でも、それはロックじゃないんだよね。

チャンミンがどんなに上手にX JAPANの曲をうたっても、根本的なところでロックを感じないみたいなもんで、ロックじゃない人が歌うロックって、ロックファンからすると、どうもムズムズ気持ちが悪いもんなのよ。
でも、それは(後追いであれ)70年代を経験した人だけの感覚かもしれない。
もう、ロックというものは変わってしまってるのかもしれない。
チャンミンがXを歌えば、それはロックと言ってしまうのかもしれないなぁ。
(なぜなら、演歌みたいな歌唱法の人がロックバンドのヴォーカルやってる時代だからね)

それで、ホン・ギョンミン。
バックバンドの演奏も思わずにやりとしてしまう。
前奏のギターの音で、ロックだな!って思った。
そして、この人の歌!
幅広な声帯を感じさせる厚みのある声。
抑えの効いたシャウト。
後半の哀愁炸裂な盛り上がり。

すごく、いいものを見た気がしたわ。

「不朽の名曲」のホン・ギョンミン
http://youtu.be/pWTc9yQQOi8
[PR]

# by jarakoroko | 2012-08-15 00:56 | 音楽

シアワセでよかったね

最近、毎晩のように見てるのは東方神起の「シアワセ色の花」のPVです。
最初に見たときは涙がでちゃいました。
いろんな思いがわきあがってくるのだけど、
とにかく、ユノがしあわせで良かったって思う。

「シアワセ色の花」(LIVE TOUR 2012~TONE~ Documentary Film)
http://youtu.be/pgeNiA3fFHI
[PR]

# by jarakoroko | 2012-08-14 23:45 | 音楽

世界の女性を美しくするのが使命(なんちゃって)

ご無沙汰してます。
いろいろ書きたいことがあったのですが、落ち着いて文章にできるような余裕がありませんでした。
5月から異動になり、一番ぺーぺーだった私が店長をやることになってビックリ仰天。
大丈夫とも、頑張りますとも、あんまり前向きなコメントができるような状態じゃなくて。
別に最悪の状態でもないけど、思うようにはいかないし、悩みはつきないし、力不足に悔む毎日だけど、どうにかこうにか1日1日を過ごしてます。
疲れやらストレスやらのせいか、風邪が長引くなぁと思ったら咳喘息といわれ、それがずっと良くなったり悪くなったり、声が出なくなったり、呼吸が苦しくなったり、なんだか大変な日々でもありました。

この前までいた店は、とにかく売り上げがいつも上位の店で、ベテランの販売員さんがガンガン売り上げをとっていて、私より後に入った人もめきめきと成績を上げていたのよ。
その中で私は全然ダメだったのよね。
気持ち的に戦場のような職場だった。
焦るばかりで、向いてないのかなと思った。
自分を見失うような気がしたのよ。

今の店に異動になって、今でも無我夢中で走ってるだけだけど、前の店よりヒマなせいか少し落ち着いて考えられるようになってきました。
気さくに話してくれたり、応援してくれるお客様もいるし、
「あなた、感じがいいからまた来るわね」
と言ってくれる人もいる。
思い返してみれば、前の店でもそういうお客様はいたんだった。
ダメダメだと思ってる私の心が受け止められなかっただけで…。

自分の実力はさておいて、初心にかえって自分を取り戻すべく考えてみると…。
香水屋、アクセサリー屋、そして洋服屋。
私は女の人がきれいになるためのものが好きなのよね。
毎日の生活の中で、いつでもどこでもおしゃれではいられないけど、好きな香りをつけたり、光りものをつけたり、お気に入りの洋服を着たり、それだけで輝いてくる何かがある。
わくわくする心だったり、ちょっとした自信だったり、それだけで女性は変わってくるんだよね。

小さな香水屋でお気に入りの香りを探し出してた時も、アクセサリー屋でたくさんの女性の髪をアップにしてた時も、私にはささやかだけど自信と誇りがあったんだ。
今、洋服屋では自信も誇りもまだまだないけれど、きっと、私は世の女性を輝かせるために頑張れると思う。

大げさだけど、私は世界の女性を美しく輝かせるために仕事をするのさ!
それが使命なんだと思う。

すぐへこたれて使命がかわってたらごめんなさい。
洋服って難しいんだもん。
私はセンスに自信がないっす。
[PR]

# by jarakoroko | 2012-08-11 23:27 | 日々のこと

好感度アップのホンギさん

またまたホンギさんネタ。
ホンギさんは、FTISLAND(エフティーアイランド)という韓国のバンドのヴォーカルです。
韓国で最近活躍してる若手バンドはFTISLANDとCNBLUE(シーエヌブルー)くらいしか見かけないのですが、私はガツンガツンロックしてるCNBLUEのほうが好きでした。
ヴォーカルのホンギさんは歌はうまいんだけど、曲調や歌い回しにロック色が薄い感じ。
演歌チックに聞こえるのよね。
だから、韓国の音楽番組に出演してても、あまりちゃんと見てなかったのよ。
でも、スーパージュニアのヒチョルとホンギさんの映像を見てから、ちょっと好感度がアップ。
そして、昨日、めぼしいグループが出てないから録画してほうっておいたMカウントダウン日本ライブを見てたら、FTISLANDがなかなか良かった。

「鳥のように」って曲は、オリジナルじゃなくて昔の曲のカバーだと思います。
明るいさわやかな曲で、ホンギさんの声も気持ち良い。
この曲の前に、もう1曲やってるんだけど、そっちもなかなかよかった。
昨日から、何度も見てます。

FTISLANDがステージ映えするロックバンドだっていうのが、ポイント高いんだけど、
私が感動しちゃうのは、客席の盛り上がり!
この番組には他にもたくさんのグループが出演していて、客席はFTISLANDのファンばかりではないんだよね。
でも、FTISLANDの黄色い旗とか持ってるファンがたくさんいて、ファンではない、ちがう色のペンライト持ってる人もすごく楽しそう。
バンドのうしろから客席を映したところでゾクゾクしちゃうのよ。

ロックっていいなぁって思った。
ドラムと鼓動を合わせて、ギターに体を揺らして、気持ちいいヴォーカルと一緒に声をあげるのが最高の気分なのよね。

簡単にくらべちゃいけないけど、私のお気に入りライヴは結構日本のが多い。
日本の観客ってすごくいい観客なんじゃないかなぁって思う。
ペンライト振ってるだけじゃなく、客席にもグルーヴがあるんだよん。
ひいき目かなぁ?

FTISLANDのみなさん、幸せなんじゃないかなぁって思ってみてたら、ホンギさんの満足そうな笑顔が映った!
そんな顔されたら、ファンが一生ついていきたくなるよね。
私もついて行きたくなっちゃったよ。

あれ?映像の埋め込みができないので、映像はまたあとで。
[PR]

# by jarakoroko | 2012-05-02 12:04 | 音楽

ヒチョルとホンギの歌とゴスペル隊の歌と

テミンくんの「不朽の名曲」映像を探してる時、スーパージュニアのヒチョルとFTISLANDのホンギさんが一緒に歌っている「早朝割引」というのを見つけたんだけど、とってもチャーミングな歌だったの。

メンバーが多いスーパージュニアの中で、誰が好きとは決められないけれど、顔だけ見れば私は断然ヒチョルが好き。
でも、お歌は残念な感じの人なのよ。
ホンギさんは、いつも歌はうまいなぁとは思うんだけど、FTISLANDでやってる曲があまり好みじゃなくて残念だったのよね。

「不朽の名曲」この回はデュエットを披露するらしく、どうもヒチョルのハモりが怪しくて、ホンギさんは不安なようだ。
練習風景を見てると、ヒチョルはホンギさんのパートにつられちゃうみたい。
プロでもそういうことあるのね。
私もハモりが苦手なので、ヒチョルに親近感…。
どうなっちゃうんだろうって感じのハモり練習にかぶせて、なぜヒチョルを選んだのかってインタビューに、
「僕たちだけの楽しい色が出せると思った」
とホンギさんが答えていた。
結果、本番はとっても良くて、ヒチョルもちゃんと歌えていたのよね。
しっかり楽しい色が出ていたわ。

僕たちだけの色……。
それってすごく重要なことだなぁって思う。
それが音楽のおもしろいところだよね。

ゴスペル隊でソロパートは、だいたい何人かで振り分けて歌うんだけど、ただ、振り分けましたって感じもあれば、その色が鮮やかに出るときもある。
私はゴスペルの先生から「まるでケンカしてるみたいなソロだ」って言われたこともあるし、あまりにもまとまらなくて怒られちゃったこともある。

自分のイメージするソロが歌いたいのはもちろんなんだけど、一緒に歌う相方のカラーも出してあげなければいけない。
そのために、私は必ず録音して何度も何度も相方の歌を聴くようにしている。
それはもう、夜、隣で寝てるかと思うくらい何度も何度も聴くのよ。
そして、好きになるんだよね。
その人の歌が…。

いろんなアイデアが浮かんできたとしても、それが受け入れられるとは限らないし、出来ることと出来ないことがある。
でも、ありがたいことに、今まで一緒に歌った人ほとんどが私のアイデアを快く受け入れてくれて、一緒に作り上げていけたんだよね。
私はヘタクソな歌い手なのでひとりじゃ全然やってけないけど、相方がいると頑張れるし、単純に合わせた以上の歌が生まれるような気がするのよ。
仲良しの友達は「ひろこプロデュース」と言って褒めてくれるけど、そうではなくて、一緒に歌ってくれる人の歌声と熱意が、私の心に火をつけてくれるのよ。
そういう人と一緒に歌うのは(過程は辛くても)本当に楽しくて幸せな事だと思う。
これからもそういう人と歌いたいなぁって思います。

それは、ソロだけじゃなくクワイヤーもなのよ。
ソロを歌ってみると、クワイヤーのパワーがバシバシ実感できるのよ。
一体となっている!って実感できるとき、本当に神様が降りてきそうだと思うわよ。
だから、いろんな人にソロに挑戦してもらいたいんだよね。

今年も私はチャリティーコンサートには参加できないけど、客席から応援してますからね。
一緒に歌ってると思います。
できればリハーサルからノリノリで見たいんだけど、入れてくれるかなぁ?
舞台設営手伝うからさぁ。

あ、そうだ!
私がゴスペル隊に復帰したら一緒にソロをやるって約束した人がいますので、ここでもう1度確認しておきます。
頑張って復帰するから、逃げないように!

↓ヒチョルとホンギさん、チャーミングです。
http://youtu.be/dK5srvgXpV8
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-27 15:46 | 音楽

これからだ!これからだ!

アメリカン・アイドルはディアンドレが落ちてしまった。
一番のお気に入りはフィリップだけど、ディアンドレもかなりのお気に入りだったからとても残念。
渋カガラ系の地声と甘いファルセットを使い歌うディアンドレは、私の鼻血ものアイドル、テレンス・トレント・ダービーを思い起こさせる。
ただ、実力は不安定だったように思う。
メンターのグエン・ステファニーに「自信がなさそう」と言われていた。

お姉ちゃんは、もともとブラック・ミュージック系の発声が好きじゃないので、ディアンドレには興味がなく、私が残念だ残念だと騒いていても気のない返事。
「でも、ディアンドレはまだ17歳だからこれからだよね。これから苦労して経験をつんで実力をつけていかないとね。」
と、私は腕組みしながら偉そうに語ってたら、
「えー!まだ17歳なの?そりゃ、これからだわ!」
と、お姉ちゃん、ちょっと食いつく。

「チャンミンもね、やっとスタート地点に立ったんだと思うのよね。」
と、お姉ちゃん。
あのー、芸能人になって8年くらいたってる人と、ディアンドレを一緒に語らないでほしいんですけど…。
それに、チャンミンってもうちょっと年上だと思うけど。

まぁ、でも、わかるよ。
チャンミンは2人になってから、どんどんエンターテイナーとしての自覚が出てきてると思うし、今回のツアーでの成長はめざましいよね。
ユノと違って、志と覚悟があって芸能界に入ったんじゃないから、ここまでの道のり、根本的なところで悩むことも多かったと思う。
「生まれ変わったら普通の生活をしたい」と言っていたチャンミンが、最近のインタビューでは「生まれ変わっても東方神起をやりたい」と言ってるらしい。
腹くくったんだね。

10代の頃のチャンミンなんて、東方神起のメンバーじゃなければ、絶対こんなやつ好きにはならなかったよ!って思うくらいさえない気持ち悪いやつだったよ。
だけど、今じゃ(私的には)世界で一番カッコいい人なのよ。
顔つきや表情も立ち姿の世界一カッコいい。
まだまだ惚れこんじゃうような歌は聴かせてもらえないけど、
歌いっぷりはぐんと良くなってる。
これからだよね!
頑張れ!チャンミン。

じゃなくて、ディアンドレの話だったのだよ。

ディアンドレに限らずだけど、みんな10代の頃から自分の道を見つけて、それに向かって努力してるのってすごいなぁって思う。
私は17歳の頃、何の目的もなく、先が見えない人生にうんざりしていたよ。
自分に成し遂げられるものなど何もないと思っていた。
それは今も同じだけど…。
私なぞ、40歳過ぎても腹をくくることなく、だらだらと生きているんだよね。

そういえば、髪が短いテミンくん、子供っぽくてガッカリしてしまったんだけど、
密林の生物テミンくんも18歳、まだ、本当に子供なんだよね。
ちょっと大人っぽく見えちゃったから誤解していたけど、テミンくんもこれからだ。
歌もどんどんうまくなるに違いない。
がんばれ!

↓ディアンドレ、落ちちゃった週のパフォーマンス、デバージの「I Like It」歌ってます
http://youtu.be/FFUsnyAnyb4
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-25 11:09 | 音楽

ジョンヒョンの歌とテミンくんの歌

先日買ったSHINeeのアルバムを聴いていて、東方神起みたいな曲だなぁって思うのがありました。
同じ事務所だし、楽曲を作っている人たちも同じなのかもしれないから、東方神起用の曲だったのかなぁって思ったりなんかして。

2人も3人も頑張っているけど、5人じゃないとできないこともあるんだよね。
まぁ、それは置いといて。

そのSHINeeの東方神起みたいな曲を聴きながら、テミンってちょっとジェジュンの声に似てるなぁって思ったの。
すごく似てるわけじゃなくて、一瞬なんだ。
とはいえ、まだSHINeeくんたちの声がちゃんと聴き分けられるわけではないんんだけど、多分、テミンくん。

このところ、密林の生物のように踊るテミンくんにぞっこんだったワタクシですが、ヘアースタイルが小ざっぱりしちゃったら急に子供に見えてときめかなくなってしまいました。
「まだ子供なんだからしょーがないでしょ!」
とお姉ちゃんに言われながら、一体彼の何が私を夢中にさせていたのかしら???と考えていました。

テミンくんの踊りはそりゃすごいんだけど、もともと私は踊りよりも歌で、踊りだけじゃさほど感動しないのよね。
歌はうまいとは思わないし、すごく不安定な感じがするんだけど、新曲の「シャーロック」という曲ではテミンの歌がとても扇情的なんだよね。
こういう声出す人なんだなぁって初めて感じた。
そう、初めて生身の声の感触がしたの。

うーん、今までと今と何が違うのかわからない。

うえむ~さんから「不朽の名曲」という番組にテミンが出てると聞いて、さっそく録画して見てみた。
その番組はプロの歌手の勝ち抜き歌合戦みたいな感じ。
残念ながら私が見た回では、テミンくんがもう歌い終わっていたのだけど、他のベテラン風の歌手たちの力の入ったパフォーマンスを見て、
「こんな中で若きテミンくんはちゃんと歌えたんだろうか?」
と心配になってきてしまった。

次の放送を待ちわびていたのに、お姉ちゃんに録画を消されてしまい、我慢できずに私はYouTubeを徘徊することになってしまった。
いくつか「不朽の名曲」でのテミンくんの歌唱を見て、これはそうとう鍛えられたな!って思ったわ。
劇的に歌がうまくなったわけではないけれど、技術以外のところでの歌い方を学んだような感じ。

いつも言ってるけど、歌ってうまけりゃいいってもんじゃないのだよ。

テミンくんは、私を虜にする歌手になるかしら。
まだまだ先は長いのかしら。

それはそうと、この「不朽の名曲」という番組には、SHINeeのメインヴォーカルのジョンヒョンも出演していたのですよ。
その映像を見て、ドッカーン!ですよ!
歌うってこういうことだよ!
引き込まれたよ。

このジョンヒョンという人は、瞬時にストーンとハマる表現力を持っているのか、形作ったイメージにダイレクトに向かっているような感じがする。
考えて練るのか?
それとも本能的なのか?

こんな歌を聴いちゃうと、テミンはまだお子ちゃまに見えちゃうね。

歌までが長いけどジョンヒョンの歌はすごいです。
http://youtu.be/sxBDgi7OsGc

昭和な歌を(韓国だから昭和じゃないけど)元気いっぱいに歌うテミンくん。
http://youtu.be/WNi1DKHOPXY
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-24 02:39 | 音楽

シャイニーくんのCD・淫蕩そうなテミンくん

a0064865_11512750.jpg

SHINeeのCDに付いてたブックレットの写真、テミンくんです。

新曲の発表に先駆けて、公開された写真を見た時はとにかくビックリ。
実は悪趣味だなぁって思ったんですよね。
ミノくんの写真が一番衝撃だったけど、テミンくんの道を間違ったヴィジュアル系バンドみたいな写真もビックリでした。

それまでのテミンくんと言えば、ふっくらな輪郭に貼ってつけたような笑顔ってイメージ。
例によって、ワタクシ、子供は苦手だから、全く興味がなかったのよ。
そしてSHINeeカムバックの日。
日本でも見られる韓国の生放送歌番組で、待ちに待ったSHINeeの新曲「シャーロック」を聴きました。
ダイナミックな曲調でなかなか良いんでない?なんて思ったのは一瞬。
もう、テミンの動きに釘付け!
こいつ、何者だー!
これはもう、口では説明できない!
「とにかくテミンがカッコいいから見てよ!」
とお姉ちゃんに録画を見せる。

「カッコいいー!」
「この脚の開き具合!」
「この抜けそうな腕の勢い!」
「このカマキリ拳法!」
「コサックダンス!」
「このカキーン!ってとこ!」
「ここのフォーメーションチェンジ!」
「ここから!ここから!」
「最後の片付いていくとこ!」
お姉ちゃんと2人で大興奮!

今まで飽きるほどSHINeeの映像を見てたけど、テミンなんて子は全く眼中になかった。
今までと今と何が違うんだろう。

「シャーロック」を見てて、密林にいる動物か虫みたいだって思ったのよ。
ユノみたいに洗練された確信犯的な踊りではなく、テミンは無心って感じの踊りなの。
だだ生きていくための踊り。
そして、テミンは一番扇情的なパートを歌うんだ。

気がついたら「シャーロック」という曲が頭の中をぐるぐるぐるぐる。
とにかくCDを買ったよ。
それに付いてたブックレットなわけね。

「裸は気持ち悪いけど、テミン、結構綺麗に撮れてるじゃない」
とお姉ちゃんが言う。
「うん、まぁね、でも淫蕩そうな顔しててやなんだよね」
家族の前で「淫蕩」なんて言葉を使ってしまい、ちょっと失敗したなと思っていたら、
「淫蕩なんじゃないの?もう子供の顔じゃなくなったってことだよ」
とお姉ちゃん。
そ、そうか……。

私はなんだか後頭部を殴られたような気分になった。
テミン(多分18歳)が淫蕩なのか。
いや、そんなの知るわけない。
今までまじまじと見たことなかったけど、良く見ると色っぽい顔してるんだなぁ。
私の中ではいろんな思考が廻りに廻って、過去の苦い思い出なんかも甦ってきた。

私がテミンと同じくらいの年齢だったら、いかにもチャラい男には近づかないけど、チャラくないこんなヤツにも要注意だ。

あ、いや、そんなことはどうでもいいよね。

でもさ、子供の顔じゃなくなった途端、視界に入ってくるようになるって、私はやっぱりケダモノ系かしら。

スコットさんがカッコいいー!
スコットさん見てるととド助平になっちゃう!
なんて言ってる次元と違って、なんだか、とても落ち込む。

いや、落ち込むことはないわ。
得したのよ!
得したのよ!
(意味不明)

テミンくん、カッコいい大人になってください。
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-09 11:51 | 音楽

シャイニーくんのCD・オニュの写真

a0064865_1140567.jpg

SHINeeのブックレットの写真で、1番いいなと思ったのは、このオニュの写真。
メンバーひとりひとりのブックレットが付いているんだけど、この写真が表紙のオニュブックレットはあったかい雰囲気です。

SHINeeのメンバーで最初に知ったのは、多分オニュです。
なぜなら、お姉ちゃんの好みのタイプだから、全然、SHINeeなんて興味ないころから名前は耳にしてました。
なかなか顔は覚えられなかったけどね。

お姉ちゃんは、アメリカ人歌手よりイギリス人歌手が好きだから、オニュみたいなこもった声が好きなのよね。
顔は大陸系アジア顔が好き。
ちなみに私はイギリスよりアメリカ人歌手のカーンとした声が好き。
顔はバタくさいほうが好き。
だからジョンヒョンが好きなのかな。

SHINeeの中で、お!歌がうまいなってのは、オニュとジョンヒョンで、自由自在に組み立てていくようなジョンヒョンにくらべると、オニュの歌は少し不器用に感じる。
素朴で真っ正面な感じ。
イヤミなくらいキメキメなジョンヒョンの歌や、粗暴な感じキーの歌、その中でオニュの声ってやはり活きてるなぁって思います。
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-09 11:40 | 音楽

シャイニーくんのCD・ミノくんの写真

a0064865_11342842.jpg

SHINeeのブックレットの写真、ミノくんです。

う〜んと、最初に発表された服着てない写真は気持ち悪くて衝撃的でした。
見ちゃいけないような感じがしましたですよ。

ミノくんは、長身で男っぽいイメージがあったので、なんていうか、うまく説明できないけど、幼児性を感じさせる美少年風写真にすごく違和感があったの。
そもそも、私、子供が苦手なのよん。
ちょっと前の写真をみると、ミノくんはまだまだ子供って顔してて、近所にこんな子供がいたらカワイイだろうけど、芸能人としては全く興味が持てない人だったの。
それが、最近は大人の顔になってきたなぁ〜って思ってたところなのよ。

この写真はまだ男っぽいから良かった。

落ち着いて見たら、それらの衝撃写真も、なかなか綺麗な写真なんだけど、なんつーのかな、私の心の奥底にある残酷なものを呼び起こすような邪悪なパワーがある。
それはある意味ポルノなんだよ。
欲望を掻き立てるような写真なんだわ。

しかし、こいつがいいヤツだなぁって思うのはさ、新曲の映像見てても、こいつは一切邪悪なパワーを出さないのだよ。
鼻づまりの声、しなやかさに欠ける体の動き。
要するに色気がないのだ。
「こいつダサくて邪魔!」
なんて、お姉ちゃんに罵られてる、可哀想なミノくんなのだ。

はぁ、良かった。
今日も清く正しく生きていこう。
[PR]

# by jarakoroko | 2012-04-09 11:34 | 音楽